映画の名言100選!心に響くあの映画の名セリフ100連発+α

スポンサーリンク

映画の名言21. フルメタル・ジャケット

「肝に銘じておけ。海兵は死ぬ。死ぬために我々は存在する。だが海兵は永遠である。貴様らも永遠である!」

日本でも多くの二次創作が作られるほど、ある意味人気の高い(?)フルメタル・ジャケットのハートマン軍曹のセリフ。
もちろん人気の高いのはシゴキのときの罵詈雑言なのですが、ハートマン軍曹もしっかりしないといけないときはきちんとしたセリフを言うみたいです、、、というのが上記のセリフ。
ここまで覚悟と誇りを同時に与えられるセリフもないのではないでしょうか?

映画の名言22. カジュアリティーズ


カジュアリティーズ [Blu-ray]

「いつ死ぬか分からないからって何をしてもいいのか!みんな何も構わなくなっている!そうじゃないはずだ!いつ死ぬか分からないからこそ、どうでもよくなってはいけないんだ!構わなくちゃいけないんだ!」

戦争そのものというより、戦争のなかでの犯罪行為を描いた作品。
戦争の狂気と、またその最中にあって、なお人間性を持ち続けようとする尊さが同時に表された名セリフだと思います。


映画の名言23. ランボー


ランボー [Blu-ray]

「何も終わっちゃいないんだ!俺にとっては戦争は続いたままなんだ!あんたに頼まれて必死で戦ったが勝てなかった!そしてやっと帰国したら、空港にはデモ隊が俺を待ち受け、罵り声を浴びせてきた、赤ん坊殺しだ大量殺人者だってね!あいつらにそう言う資格があんのか、誰一人戦争が何かも知らないで俺を責める資格があんのか!」

当時の無責任な平和主義者の矛盾をつくような、悲しみに満ちたセリフです。
国のために命を懸けて戦ったが、戦わなかったものからの嘲りや嘲笑、罵りをうけ、そして命を懸けたはずの国家は自分達になにもしてくれない。
泣きじゃくりながらこのセリフを口にするランボーの姿は胸に刺さります。

映画の名言24. シンドラーのリスト


シンドラーのリスト [Blu-ray]

「車を売れた、アーモンへ。この車で10人を救えたはずだ。10人だぞ。あと10人を。
このバッジで2人、救えた。金だから、2人は救えた。アーモンなら2人と交換した。
例え1人でもいい。1人救えた。
人間1人だぞ。
このバッジで。
努力すれば、もう1人救えたのに――しなかった。
救えたのに。」

戦争に参加してる側ではなく、市民の側のセリフですね。
命の軽さと、重さをすべて言い表していると思います。


映画の名言25. レオン

「大人になっても、人生はつらい? 」

名言というか、不意に心に刺さるような、そんなセリフですね。
ナタリー・ポートマン演じるマチルダのセリフです。
子供は子供ゆえの経験の浅さ、その割に感受性は一番高まっている時期だからそれなりの悩みもあるでしょう。大人には大人なりの悩みが当然あります。どちらの方が深刻だなんて比べるのはナンセンスですが。
人類の最大の発明は『生きるのは辛い』という言葉を生み出した人だという話を聞いたことがあります。
そもそも生きるのは辛いと思っていれば少しくらいの辛いことはきっと乗り越えられる。
たしかに大人になっても人生は辛い。けれど、だんだんと苦味を経験して辛さとのつきあい方も上手くなっていく。それも人生だろうと思います。

「レオン」の名言・名セリフはこちら

映画の名言26. カサブランカ


カサブランカ [Blu-ray]

君の瞳に乾杯

これは名台詞!というか今や定番化しすぎて陳腐でキザな誰も言わないセリフに成り下がった感は否めませんが。。
直訳すると、「君を見つめることに乾杯」という意味になるようで、
君の瞳に乾杯というのは名セリフであると同時に名翻訳ともいえるかもしれません。

映画の名言27. ターミネーター


ターミネーター [Blu-ray]

I’ll be back

名セリフ過ぎて他作品でもこのセリフを発しまくってるシュワちゃん




映画の名言28. 耳をすませば


耳をすませば [DVD]

聖司「雫に早く会いたくてさ。何度も心の中で呼んだんだ!雫ーーーって!そしたらさぁ、本当に雫が顔出すんだもん。すごいよ、オレたち!!」
雫「・・・あたしも会いたかった・・・。まだ夢みたい・・・。」

リア充め・・・爆発しろ!もげろ!

映画の名言29. 天空の城ラピュタ


天空の城ラピュタ [DVD]

見ろ!!人がゴミのようだ!!

ムスカの冷酷さをシンプルによく表したセリフです。
ラピュタは子供のころに死ぬほど見た・・・・。
ちなみにこのムスカ、実は28歳だそう。意外と若かったんですね!

映画の名言30. 亀は意外と速く泳ぐ


亀は意外と速く泳ぐ デラックス版 [DVD]

何とかしなくちゃ、何とかしなくちゃ。
一生のうち、ほんとうに何とかしなくちゃいけないときは、そう何度もないのだ。

平凡な主婦、片倉スズメが何故かスパイになってしまうという三木聡監督の脱力コメディ映画。
このセリフはスズメが幼馴染のクジャクを助けに行くシーンでのセリフ。