【聖夜】クリスマスに観たい!おすすめ映画まとめ

もうすぐクリスマス♪
というわけでクリスマスにぴったりな映画をご紹介していきます!
相変わらずの主観バリバリです!

ちなみにホントのリア充はクリスマスに映画なんて観ないんだぜ!
(たぶんやることやってると思う。。。笑)

・・・コホン。

そ、それではどうぞ!(震え声)

超絶厳選おすすめ映画のまとめはこちら

スポンサーリンク

ジングル・オール・ザ・ウェイ

ジングル・オール・ザ・ウェイ [Blu-ray]

あらすじ

運動器具の会社社長であるハワードは多忙な男で、8歳になる息子、ジェイミーとの約束もことごとく守れずにいる。
ジェイミーの機嫌を取るためにハワードは、子供たちに大人気の「ターボマン」フィギュアをクリスマスにプレゼントすることを約束するが、そのこともクリスマスの直前まで忘れており、
クリスマス・イブになってようやく買いに行く始末。
しかし「ターボマン」フィギュアは大人気でどこも品切れ。ジェイミーには「ターボマンが登場するクリスマス・パレードまでに戻る」と言ったものの、おもちゃ屋の店員にまで、「今更買いに来るなんて」と馬鹿にされてしまう。
果たしてハワードは「ターボマン」フィギュアを手に入れることはできるのか?

おすすめポイント

アーノルド・シュワルツェネッガー主演のコメディ。
肉体派のアクション俳優だけでもなく、コメディもいけるという稀有な存在だったシュワちゃん。
子供のクリスマスプレゼントのために悪戦苦闘するお父さんがなんともかわいらしく、ほのぼのします。



ナイトメア・ビフォー・クリスマス


ナイトメアー・ビフォア・クリスマス コレクターズ・エディション(デジタルリマスター版) [Blu-ray]

あらすじ

ハロウィンタウンのジャックが偶然見かけたクリスマスに憧れ、自分たちでもやろうとクリスマスの乗っ取りを画策する。
サンタクロースを誘拐し、自分たちなりのクリスマスを街のみんなに届ようとする。
しかし、まともなクリスマスをやったことのないハロウィンタウンのメンバーは街のみんなを怖がらせてばかり。。

おすすめポイント

ティム・バートン製作のアニメ。
ハロウィンしか知らないハロウィンタウンの面々がクリスマスをしてみたら・・・
怖いことにしかならずに、喜ばせたいという目的とは裏腹な結果に。

キャラクターがかわいらしくも、どこかほろりと切ない、クリスマスの定番作品です。

ホーム・アローン


ホーム・アローン [Blu-ray]

あらすじ

8歳の少年ケビンはクリスマスを前に家族と喧嘩してしまう。「家族を消してくれ」と神様に願うケビン。
一方、家族は家族でクリスマス旅行の前日の停電で目覚ましがリセットされ、大慌て。そのせいでケビンを忘れて家を出てしまう。
翌朝、目覚めたケビンは願いがかなったと大はしゃぎ。、1人暮らしを満喫するが、ケビンの家を2人組の泥棒が狙っていたー。

おすすめポイント



ホリデイ


ホリデイ [DVD]

あらすじ

ロサンゼルスに住み、ハリウッド映画の予告編の製作会社を経営するアマンダとロンドンの新聞社に勤めるコラムニストのアイリスはともに失恋したばかり。家を少しの期間交換する「エクスチェンジ・ホーム」のサイトで知り合った二人は、互いの顔も知らぬまま住まいを交換することに。
そこにはそれぞれに新しい生活と恋が待っていた。

おすすめポイント

あまり日本では馴染みのない、ホームエクスチェンジを題材にした映画です。
簡単に説明すると、ホームエクスチェンジとは休暇中にお互いの家を旅行先の宿泊場所として交換し合うことです。

心温まるストーリーと、恋愛にとどまらない、世代を超えた友情や、親と子など様々な人間とのつながりを鮮やかに描いていて、日本でも評価の高いロマンティック・コメディ映画です。

キャッチコピーは「人生に一度だけ、誰にでも運命の休暇がある」

ちなみにこの映画ではジュード・ロウがまだ髪がふさふさです!そういうところもおすすめ!(笑)

ラブ・アクチュアリー


ラブ・アクチュアリー [Blu-ray]

ポイント



ダイ・ハード

おすすめポイント

一見クリスマス映画っぽくはないですが、クリスマスパーティー中のナカトミ商事が舞台であったり、ヴォーン・モンロー“Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!”が使用されていたりと、やはりこれも広義のクリスマス映画だと思います(※注)

今作のアクション映画における功績は、アクションはもちろんだけれども、それ以上に逆境の中で、頭脳の面であったり、最初から超人ではなかったりする、いわゆる『リアリティー』のあるところかな?と思います。

ダイ・ハード4』でも『他に誰か自分の代わりにやる奴がいるならよろこんで譲る』とのセリフがありましたね。決してヒーロー然としていないところが新鮮でもあったのでしょう。