【考察】「猿の惑星」作品に隠されたメタファーは何か?

「猿の惑星」とは 『猿の惑星』とはフランスの小説家ピエール・ブールが1963年年に出版したSF小説。 その小説をもとに1968年...

記事を読む

【古典】モノクロ時代のおすすめ白黒映画

モノクロ時代のおすすめ白黒映画 或る夜の出来事 『或る夜の出来事』は1934年に公開されたフランク・キャプラ監督のラブコ...

記事を読む

1930年代のおすすめ名作映画特集!

いつの時代にも、時代を越えて愛される映画があります。ですが、どの映画もそれぞれ作られた時代の空気をまとっています。今回は1930年代のおすす...

記事を読む

【解説 レビュー】「大統領の執事の涙」フォレスト・ガンプへの反論とは

『大統領の執事の涙』は2015年に公開された実話をもとにした映画です。 監督はリー・ダニエルズ。主演はフォレスト・ウィテカー。...

記事を読む

【感想 レビュー】セブンティーン・アゲイン

『セブンティーン・アゲイン』は2009年に公開されたザック・エフロン主演のコメディ映画。 監督はバー・スティアーズが務めていま...

記事を読む

アカデミー賞の常連!ウディ・アレン監督作おすすめ映画

おすすめ映画特集、今回はアカデミー賞の常連、ウディ・アレンのおすすめ映画をご紹介します! ウディ・アレンとは ウディ・ア...

記事を読む

【ネタバレ レビュー】「或る夜の出来事」

『或る夜の出来事』は1934年に公開されたフランク・キャプラ監督のラブコメ映画です。 主演をクラーク・ゲーブル、クローデット・コル...

記事を読む

「地獄でなぜ悪い」星野源が着用していたチープカシオとは

「地獄でなぜ悪い」 「地獄でなぜ悪い」は2013年公開の園子温監督によるコメディ映画。 しかし内容はコメディの枠を外れて過激な作...

記事を読む

「HERO」(2015) ドラマの映画化はどうしてこうも間違えるのか?  

「HERO」は2015年に公開された日本映画。 2001年、2013年に放送されたテレビドラマ「HERO」の劇場版第二作目になりま...

記事を読む

【ネタバレ解説】「群衆」キャプラが描くポピュリズムの危険性

『群衆』は1941年に公開されたフランク・キャプラ監督のコメディ映画。 主演はゲイリー・クーパーとバーバラ・スタンウィック。 ...

記事を読む

【感想 レビュー】『フェンス』劇場未公開の秀作!断絶をどう乗り越えるか

『フェンス』は2016年にアメリカで公開されたデンゼル・ワシントン監督・主演のドラマ映画です。 原作はオーガスト・ウィルソンの...

記事を読む

【感想 レビュー】「ギター弾きの恋」ウディ・アレンが「道」を撮ったら

『ギター弾きの恋』は1999年に公開されたウディ・アレン監督・脚本のたドラマ映画。 主演はショーン・ペン。ショーン・ペンは本作...

記事を読む

【感想 レビュー】「ジョン・ウィック:パラベラム」マンネリ化の始まり?期待外れだった作品

『ジョン・ウィック:パラベラム』は2019年に公開された『ジョン・ウィック』シリーズの第3弾です。 監督はチャド・スタエルスキ、主...

記事を読む

古典映画の魅力とは?

今回はなかなか観る機会のない人も多いであろう、古典映画の魅力についてご紹介していきます。 古典映画とは何か 古典映画に関して、ど...

記事を読む

NO IMAGE

「悪人」を主役にした映画まとめ

「悪」を主役にした映画まとめ ジョーカー 2019年を象徴するような一作ではないでしょうか。 一市民が悪の道へ染まっていく恐ろ...

記事を読む

【考察】『ステキな金縛り』と『スミス 都へ行く』

三谷幸喜監督の2011年の映画『ステキな金縛り』。 『ステキな金縛り』 失敗ばかりの落ちこぼれ弁護士、宝生エミは上司から最後のチ...

記事を読む

「セブンティーン・アゲイン」の名言・名セリフ特集

「セブンティーン・アゲイン」とは 『セブンティーン・アゲイン』は2009年に公開されたコメディ映画。 主演はザック・エフロン。監...

記事を読む

【感想 レビュー】「グッドナイト&グッドラック」

『グッドナイト&グッドラック』は2005年に製作されたアメリカ映画。 40年代後半から50年代後半にかけてアメリカに吹...

記事を読む

シン・ウルトラマンにはなぜカラータイマーがないのか

1966年に放送された『ウルトラマン』が庵野秀明と樋口真嗣の手によって『シン・ウルトラマン』として映画化されることが周知のとおり。 監...

記事を読む

【感想 レビュー】『スミス都へ行く』

『スミス都へ行く』は1939年に公開されたフランク・キャプラ監督の政治ファンタジー映画です。 主演は「アメリカの良心」とも呼ば...

記事を読む