スポンサーリンク

映画の名言100選!心に響くあの映画の名セリフ100連発+α

スポンサーリンク

映画の名言31. 羊たちの沈黙


羊たちの沈黙 [Blu-ray]

昔、国勢調査員が来た時、そいつの肝臓を食ってやった。ワインのつまみだ

アメリカ映画協会 (AFI)選定の 「アメリカ映画の名セリフベスト100」にもランクインしている上記のセリフ。
接見に来たクラリスにあいさつ代わりに言い放ったレクター博士のセリフです。
猟奇殺人犯であるとともに美食家であることを示唆し、自分自身をうまく表現したセリフだなと思います。


映画の名言32. ある愛の詩


ある愛の詩 [Blu-ray]

愛とは決して後悔しないこと。

映画の名言33. 海の上のピアニスト


海の上のピアニスト [DVD]

何かいい物語があって、それを語る相手がいる。それだけで人生は捨てたもんじゃない。

だれかと分かち合えるものがある。
それが人生で尊いこと。幸せは一人ではなれないものなのかもしれません。
下の「イントゥ・ザ・ワイルド」でも幸せをそう語っています。

映画の名言34. イントゥ・ザ・ワイルド


イントゥ・ザ・ワイルド [Blu-ray]

幸福が現実となるのは、それを誰かと分かちあったときだ。

個人的には人生に迷った人に、そしてまだ社会に出る前の若い人に見てほしい作品。
主人公のクリスが様々な人と出会い、アラスカで孤独に生涯を終える瞬間に見出した人生の真実が上記のセリフ。
本当の幸せは一人では叶えられない、ということでしょうか。

「イントゥ・ザ・ワイルド」の感想・レビューはこちら




映画の名言35. 君に読む物語


きみに読む物語 スペシャル・プライス [Blu-ray]

『あなたの人生は誰のものでもなくあなたのもの。
たとえあなたが愛する人を傷つけることになったとしても、あなたが正しいと思うことをして』

自分が人生の主役であるはずなのに、いつも間にか他のものに自分の時間を消費していませんか?
亡くなる人の後悔の多くは『もっと自分に素直に生きればよかった』というものらしいです。
自分らしい人生を送るための背中を押してくれるセリフだと思います。

映画の名言36. キャスト・アウェイ


キャスト・アウェイ [Blu-ray]

今、やるべきことは、息をし続ける事だ。そうすれば明日また太陽は昇る。そして波が何か運んでくるかもしれないから。

飛行機の事故で無人島で四年間サバイバルする羽目になった主人公のセリフです。どんなときも希望を失わずに。。。、とはよくあるセリフですが、生きることそのものが希望なのだと気づかされます。



映画の名言37. Vフォー・ヴェンデッタ

V フォー・ヴェンデッタ [Blu-ray]

V: Voilà! In view, a humble vaudevillian veteran, cast vicariously as both victim and villain by the vicissitudes of Fate. This visage, no mere veneer of vanity, is a vestige of the vox populi, now vacant, vanished.
However, this valorous visitation of a by-gone vexation, stands vivified and has vowed to vanquish these venal and virulent vermin vanguarding vice and vouchsafing the violently vicious and voracious violation of volition.
The only verdict is vengeance; a vendetta, held as a votive, not in vain, for the value and veracity of such shall one day vindicate the vigilant and the virtuous.
Verily, this vichyssoise of verbiage veers most verbose, so let me simply add that it’s my very good honor to meet you and you may call me V.

(では!ご覧の姿は道化師のもの。時に弱き物を、また、時に悪しき物を演じることも。
仮面はただの虚飾にあらず。もはや素顔をさらして歩ける世界ではないゆえだ。
しかし、この厄介者が再び姿を現したのは、世の悪を正すため、この腐った世界にうごめくウジ虫を掃除する、そのために。
そう、これは “血の復讐(ヴェンデッタ)” だ。復讐の誓いは今も生きている。悪を断ち切り、自由をもたらすために。
少々長い自己紹介になったようだ。要するに、簡単に”V”と呼んでいただければ結構だ。 )

名言というか名セリフですね。ガイ・フォークスの仮面をつけ、正義と美学を貫く男、「V」
その自己紹介たるや、彼の美学をそのまま体現したかのような名セリフ。
こればかりは英語のもとのセリフを見てもらいたいです。Vから始まる言葉の羅列。

映画の名言38. ライフ・イズ・ビューティフル

これは私の物語、父が命をかけて私にくれた贈り物。

名作映画にはやはり印象的なセリフが溢れていますね。
父のクイドが息子のジョズエを不安にさせないように、戦時中の強制収容所の生活を「これはゲームだ」と教えていきます。
それは彼の死の瞬間までずっと続きました。

後年、成長し大人になったジョズエのモノローグで締めくくられるのですが、その時のセリフがこれ。
ずっと希望を絶やさなかった父の愛情の大きさが染みるセリフです。




映画の名言39. 恋に落ちたシェイクスピア

僕の中で君は決して歳を取らないし、衰えないし、死なない

シェイクスピアとヴァイオラは身分違いの恋の中、互いに運命の恋と激しくひかれあうもやはりままならず、やがておそらく永遠の別れに・・・
って一言でいえば「恋に落ちたシェイクスピア」はそういう話なんですが、別れのシーンでのシェイクスピアのセリフがこちら。
普通にロマンティックなセリフではあるんですが、劇作家のシェイクスピアが発すると、また重みの違ったセリフになります。

ラスト、新天地へ渡ったヴァイオラを想って『十二夜』を書き出したところでこの映画は幕を閉じます。

映画の名言40. アメリカン・ヒストリーX

憎しみは荷物だ。いつも怒っていられるほど人生は長くないんだ。そんなにもったいないことはない。

ネオナチの兄弟をテーマにした社会派の映画。ダニーが兄デレクの話を聞いて、祖rまでの自分を見つめなおし、新たな生き方を模索するときのセリフです。いろいろ勉強になる映画なのでぜひ多くの人に観てほしいですね。

「アメリカン・ヒストリーX」の感想・レビューはこちら