絶望的な未来!「ディストピア」を描いたおすすめ映画特集

スポンサーリンク

ディストピアとは

ディストピアとは「理想郷」を意味するユートピアとは反対の意味で作られた言葉です。

ディストピアを描いた映画たち

デリカテッセン

『デリカテッセン』は1991年に公開されたジャン・ピエールジュネ監督のホラーコメディ映画。

核戦争から15年後のパリを舞台にした作品です。映画のダークな世界観とジャン・ピエールジュネの作風が絶妙にマッチしています。

核戦争を経て食糧難の時代、肉屋に売られていた肉の正体とは―。

まさにディストピアな世界観が存分に活かされた作品です。

マトリックス

これまでと一味違ったディストピアを見せてくれたのが1999年に公開された『マトリックス』。

マトリックスという仮想空間で人間は本当の世界を知らずに機械によって生かされているという設定は、ディストピアとサイバーパンクを新しい視点からミックスさせています。

映像革命ともいわれた斬新なVFXはのちの作品に大きな影響を与えました。

アリータ: バトル・エンジェル

ジェームズ・キャメロンとロバート・ロドリゲスがタッグを組んで日本の漫画作品『銃夢』を実写映画化した『アリータ: バトル・エンジェル』。

天空の都市ザレムとその下の世界で貧富の差が拡大している様はまさにディストピア。

クリストフ・ヴァルツ演じるイドがスクラップの山からアリータを見つける場面にそれは集約されているような気がします。

時計仕掛けのオレンジ

スタンリー・キューブリック監督の超有名作。、アンソニー・バージェスが1962年に発表した同名の小説を原作とし、全体主義のはびこる近未来の世界で無軌道に生きる若者の姿を描いています。

Vフォー・ヴェンデッタ

ディストピア的な映画といえば今作は外せません。2005年に公開された『Vフォー・ヴェンデッタ』は全体主義になり、独裁が復活した近未来のイギリスが舞台になっています。

一見豊かで便利そうに見える世界は実は監視社会で自由がないという設定はディストピア映画の代表的な形の一つ。

本作では夜間の外出が禁じられ、秘密警察が市民を監視しているなどの描写が描かれています。

未来世紀ブラジル

『未来世紀ブラジル』はテリー・ギリアムが監督した、カルト映画としても有名な作品です。

こちらでは情報統制がなされ、国家が国民を支配するという意味でのディストピアが描かれます。

テリー・ギリアム自身、今作では「ぶざまなほど統制された人間社会の狂気と、手段を選ばずそこから逃げ出したいという欲求」をテーマにしているといわれています。

マッドマックス

ターミネーター

機械と人間の戦いと言う設定の映画は数多くありますが、『ターミネーター』を始まりとするこのシリーズほど人気かつ有名な作品もないのではないでしょうか。

『ターミネーター』シリーズのどの作品にも未来での戦争の様子が描かれていますが、人間が蟻のように機械に虐殺されるという悪夢のような未来はまさにディストピア。

他にもおすすめ映画まとめています!

おすすめ映画一覧はこちら

【おすすめ映画】本当に面白い!必見映画 BEST100

マイナーだけど面白い⁉おすすめの隠れた傑作映画まとめ

ジャンル別おすすめ映画はこちら

人生に前向きになれるおすすめ映画まとめ

おすすめ!号泣必至の泣ける感動映画まとめ

爆笑必至!いつでも笑える面白いおすすめ映画まとめ

失恋したら観るべき!絶対立ち直れる前向きおすすめ映画

一度は観るべき!教養として押さえておきたいおすすめ映画たち

オトナにおすすめ!泣ける・考えさせられる映画たち

オトナになる、その前に。学生のうちに観てほしいおすすめ映画まとめ

この記事を見た人におすすめ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク