おすすめ!号泣必至の泣ける感動映画まとめ

スポンサーリンク

童心に帰って泣きたい方へ

ネバーランド

ネバーランド [DVD]

実在の人物、ジェームス・バリの史実を交えながら、ピーター・パンという作品ができるまでを丁寧に描いた作品です。

ジョニー・デップが主人公のジェームス・バリを、今作ではヒロイン役として、タイタニックのケイト・ウィンスレットが、ジョニーの心を癒す存在としてシルヴィア・ディヴィスを好演してます。

決して派手ではないですが、その分、良い意味で深く感動する映画です。

作品全体を優しさと誠実さが一貫して包み込んでいる、良質な作品ですね。

ファンタジー的な演出はあるものの、クライマックスを除いてほぼスパイス的に、劇中劇を分かりやすく観客に伝えるために使われているので、大人の鑑賞にも充分耐えうる、落ち着いた映画になっています。

心があったかくなる感動作。オススメです。

トイ・ストーリー3

1995年に公開された第一作目の「トイ・ストーリー」から15年。4歳だったアンディも17歳となり、今ではおもちゃで遊ぶこともなくなっています。

誰しも経験のあるおもちゃからの卒業をテーマにした今作。アニメ史上に残る名作ではないでしょうか?

おもちゃにとっての幸せを追求するストーリーの中で、おもちゃとの別れというクライマックスをこれほど感動的に、そして幸せに描いた作品は後にも先にもこの作品しかなく、また、この作品を越える作品も出てこないかもしれません。

悲恋に泣きたい人へ

恋におちたシェイクスピア


恋におちたシェイクスピア [Blu-ray]

シェイクスピアと、ヴァイオラとの結ばれぬ恋を描いた作品です。

今でこそ俳優とは華やかなイメージですが、シェイクスピアの時代の俳優は一般的にはいやしい仕事と認識されていました。

特に女性の演技は許されておらず、男性が女装して女役を演じるといった感じでした。

日本の歌舞伎みたいなものですね。

さて、この映画のすばらしさはそのストーリーでしょうか。決して複雑ではないのですが、わかりやすく、かつクライマックスには私たちの痒いところにもしっかり手が届くように作られています。

ロミオとジュリエットさながらに二人の恋も哀しい結末に終わるのですが、ラストの史実と希望への結び付け方が見事です。

気になる人は見てみてください。僕はこれもソフトで所有しています。いい映画だもん。

レオン

家族愛に泣きたい人へ

フォレスト・ガンプ


フォレスト・ガンプ 一期一会 [Blu-ray]
『うすのろフォレスト』のまっすぐな生き方とそれを翻弄しつつ、優しく後押しするようなアメリカの時代の激動と人生を描いた作品。

時代の流れに翻弄されているようでも、フォレストの純心さで逆に時代時代、場面場面でしっかり輝いている。時に流れに身を任せるように人生を漂い、でも愛する人をひたすら思い続ける一途さ、純粋さを同時に抱えている。そんなフォレストの生き方。
それはまさに人生讃歌に満ち溢れています。

『人生はチョコレートの箱、開けてみるまでわからない』
アメリカの名台詞にも選ばれた言葉ですが、チョコレート、という言葉が人生はどこか希望の詰まった、そんな箱なんだということを感じさせてくれます。

ビッグ・フィッシュ


ビッグ・フィッシュ [SPE BEST] [Blu-ray]
ティム・バートン監督作で初めての現代を舞台にした作品です。当時父親を亡くしたティム・バートンの思い入れが強く作品に反映されています。
父と息子の絆を取り戻すストーリー。

身重の妻を抱えたウィルは余命幾ばくもない父親のエドワードのお見舞いに行くことに。
ウィルが幼い頃から巧みな話術で人を楽しませてきた父、エドワード。
しかし、大人になるにつれて、エドワードの話を疑うようになってしまいます。
そしてウィルの結婚式でも同じ『ホラ話』をしようとする父に対して不満が爆発。
それ以来親子の絆は断絶していたのでした。

父親が余命幾ばくもない今、ウィルはエドワードのことを確かめようとします。
エドワードの話に出てきた女性のもとへ真相を確かめにいくウィル。
エドワードの歩みを知ることで初めて父親としてではなく、一人の人間としてエドワードを認め、許せるようになります。
終盤、エドワードが亡くなった後にホラ話と思っていた父の話の登場人物が続々と葬儀に参列しに集まる。

このシーンだけで感動しますね。
この映画を見ると生きることがどれだけ素晴らしいことか、人生は決して一人では成り立たないものだということ、そして、人生を彩ってくれた人々に勝る財産があるのだろうかといつも考えてしまいます。

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲 [DVD]

今作の公開当時、子供の付き添いで鑑賞したはずの大人の方が泣いてしまうという現象が続出したそうです。

それもそのはず、今作は父親である野原ひろしにフォーカスを当てた作品でもあるからです。

自分の生まれ育った20世紀。それを抜けた21世紀では大人として振る舞っていかねばならない、その影にある一抹の不安と寂しさ。

子供時代を再度体験しているひろし。実際は子供だからこそ、叶わない願いもあります。

そこを救いに来たしんのすけにより、ひろしは今の暮らしにもまた素晴らしさが溢れていることに気づかされます。

この感覚は当時も今も大人である私たちの、胸の奥の郷愁をくすぐり続けるのではないでしょうか。

今作のクライマックスは敵との対決ではなく、傷だらけになりながらも未来のためにしんのすけが階段をかけ上って行くシーン。

いつものおバカな戦いでしめくくりではなく、死のうとしたケンとチャコを、キジバトの親子が防ぐというラスト。

その分だけ、余計に静かな感動が胸に染みわたります。

それまでのクレヨンしんちゃんのフォーマットに沿わないラストには反対の声もあったようですが、結果として映画は今までにないお客さんからの高い評価を得ることになりました。

今作品のDVD発売時のCMには俳優の阿部寛が出演し、大人の鑑賞にも堪え得る感動作であることをPRしています。

ジョンQ


ジョンQ -最後の決断- [DVD]

主人公のジョンはいわゆるブルーカラー(貧しい労働者層)であるがゆえに、十分な医療補助を受けられない、しかしそんな折りに子供に高額な医療費がかかる手術が必要になるー。

北欧の高福祉高負担の社会モデルとは対をなす、アメリカの社会モデル。
その裏で富の有無によって生存権まで脅かされてしまう現実の歪み。

どうしようもなく追い詰められた主人公は息子を助けるために、病院で人質をとり、治療を要求します。

「俺は息子を埋葬しない、息子が俺を埋葬するんだ」

そう言いながら必死に治療を訴えるジョン。

その姿に人質になっている人たちまで動かされ、ジョンに協力し始めます。手段は別にしても、ジョンの主張そのものは普遍的で正しいことだとみんながわかっているからでしょう。