三谷幸喜監督作品のまとめ


三谷幸喜のありふれた生活14 いくさ上手

スポンサーリンク

ラヂオの時間

ラヂオの時間 スタンダード・エディション [DVD]

あらすじ
鈴木京香演じる主婦・鈴木みやこの脚本がラジオドラマとして採用される。本読みも無事に終わり、本番まであと2時間というタイミングで役者・千本ノッコ(戸田恵子)のわがままで
自身の演じる律子という役柄をメアリー・ジェーンに変えることに。ノッコを毛嫌いしライバル視している浜村錠(細川俊之)もそれに呼応して役柄設定の変更を要求。

急な変更に物語の設定が追い付かなくなってしまうものの、プロデューサーの牛島(西村雅彦)は役者の機嫌を損ないたくないため、役者たちの希望を優先する。
その結果、生放送の最中にも設定の変更せざるを得ない事態が続くことに。

はたしてこのドラマは無事にエンディングを迎えることができるのか?

感想・レビュー
俳優たちのわがままで当初のラジオドラマの設定がどんどんかわっていく面白さと、『やりたいこと』と『仕事』の難しさの狭間で揺れるシリアスさ、そしてすべての伏線が回収され、ハッピーエンドへ向かうカタルシスなど、その後の三谷幸喜作品に通じる魅力が満載です。
もともとは三谷幸喜監督の舞台作として制作された「ラヂオの時間」ですが、そもそもの着想は三谷監督自身がはじめて連ドラの脚本を手掛けた「振り返ればやつがいる」の脚本を現場で自身の知らない間に書き換えられていたという経験が元になっているそう。

みんなのいえ

あらすじ

バラエティ番組の放送作家の飯島直介は妻の民子と2人の新居を建てることに。
民子の提案で設計は彼女の同級生で建築デザイナーのの柳沢に、施工を大工である実父の長一郎にそれぞれ依頼することになるが、西洋のモダニズム建築を志向する柳沢と、昔ながらの職人気質で和風の家しか作ったことのない頑固者の長一郎は激しく対立する。
はたして直介と民子の家は完成するのか?

有頂天ホテル

あらすじ

大晦日、新年のカウントダウンパーティを控えた高級ホテル・アバンティ。
ホテルの副支配人である新堂はアシスタントマネージャーの矢部とともにパーティーの準備に余念がない。
ベルボーイのアルバイトをしていた憲二は音楽の夢をあきらめ、故郷へ帰るため、大晦日がバイト最後の日だった。
他にも多くの人々がそれぞれの事情や思いを抱いてアバンティに集まっていた。
トラブルが続出する中、カウントダウンパーティまでの時間は過ぎてゆく。
無事に新年を迎えることはできるのか?

マジックアワー

ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]

あらすじ
西田敏行扮する町を牛耳るマフィアのボスの女(深津絵里)との関係がボスにばれてしまったビンゴ(妻夫木聡)
命を許してもらうかわりに、突きつけられた条件は伝説のヒットマン、デラ冨樫を見つけ出すことだった。
思わず出任せでデラ冨樫を知ってると口走ってしまうビンゴだが、当てはもちろんなにもない。
苦肉の策として、売れない映画俳優をうまくだまして映画の撮影として『デラ冨樫』役を演じさせることに。
そこで目を付けたのが村田大樹(佐藤浩市)。一世一代の大芝居は果たして成功するのか?

感想・レビュー
終盤、スクリーンに写る自分の姿を偶然とはいえ目にし涙ぐむ村田大樹にはとても感動させられます。
夢を追う男に、ほんの少し、マジックアワーが差し込んだ瞬間でもありました。
ちなみに村田大樹演じるの伝説の殺し屋『デラ冨樫』は、かの名優『ベラ・ルゴシ』の名前に着想を得たのかな?

ステキな金縛り

ステキな金縛り Blu-rayスタンダード・エディション

あらすじ
宝生エミ(深津絵里)は失敗ばかりの落ちこぼれ弁護士。上司の逸水(阿部寛)から最後のチャンスとして矢部五郎の事件を任される。
任務は妻殺しの容疑をかけられている矢部五郎(KAN)の無罪を証明すること。
矢部五郎は自分のアリバイとして、『その日は旅館に泊まっていたが、幽霊のせいで金縛りにあい、旅館からでることができなかった』との証言をする。
そこで宝生エミは同じ旅館に泊まってみることに。
そこで証言とおなじ落武者の幽霊(更科六兵衛・西田敏行)が出現。
驚くエミだが、これがチャンスとばかりに裁判での証言を要求。
前代未聞の幽霊を証人とした裁判の行方は果たして?

感想・レビュー
三谷作品、相変わらずの豪華キャストです。
唐沢寿明さんをもちょい役で出せるのは三谷監督くらいなものではないでしょうか?

幽霊が見える人/見えない人がいるというのは割とオーソドックスな設定かなと思いますが、例えば心霊写真のように、誰にも分かる形で存在を表すのは「ポイント制」であるとか、この作品独自のユニークな設定が面白かったです。

生瀬さんや阿部寛さんなどコメディもいける俳優さんの共演なのでコメディ作品としてもレベルが高いです。
中井貴一さんは生真面目そうな世間一般のイメージそのままにエミと対立する弁護士役を好演しています。

ギャラクシー街道

あらすじ
西暦2265年、木星と土星の惑星間にあるスペースコロニーはかつては交通量も多く、とても栄えていました。
宇宙には惑星間に点在するスペースコロニーに、人類や宇宙人が生活するための居住空間が設置されるようになりました。
そこと地球を結ぶ幹線道路は「ギャラクシー街道」とよばれていました。

「ギャラクシー街道」でハンバーガーショップ「サンドサンドバーガー・コスモ」を営む店主ノアと妻のノエ。
ノアは閑散とした店に嫌気がさし密かに地球に戻れる異動申請書を本部へと出そうとします。一方妻のノエはリフォーム業者のメンデスに求婚されて・・!?

「サンドサンドバーガー・コスモ」に集う宇宙人模様を群像劇で描き出します。

感想・レビュー
初のSF映画ですが、加えてこれまでの作風とはガラリと変わった異色作です。
TMR西川ちゃんが歌のうまいカエルwww
これだけで一見の価値はあるんじゃないのw
三谷作品には「泣ける要素」も多分にあったのですが、本作には見あたらない。。

三谷幸喜作品には安心感があります。誰にも受け入れられやすい、際どさの少ない良質なコメディとどんなトラブルも回収してハッピーエンドへ向かうカタルシス。
ただ、ある意味で作る側にはそれが窮屈だったのでしょうか?
一応、出産シーンがクライマックスになるのでしょうが、出産自体も何の伏線もなく、突然勃発した事態(一応おでこを擦り合わせるというのはありますが)。
小栗旬の変身後のキャプテン・ソックスも期待はずれに終わり、なんだか肩透かしを食らったような印象を受けます。

願わくば、願わくばなんですけど、いつかこの映画が北野武監督の『みんなやってるか~!』的な立ち位置として『愛すべき駄作』になることを願ってやみません。
この映画を撮ることで三谷幸喜監督自身のガス抜きができた、、、せめてそうではないと擁護できんなぁと。。

それでもあえて言うなら大メジャーの中でここまで好きなことができるのって松本人志か三谷幸喜くらいでしょう。

その意味ではやはり贅沢な映画なのです。




三谷幸喜監督関連作品はこちら

三谷幸喜監督関連の記事はこちら