【つまらない邦画】駄作過ぎて逆に観たい!愛すべき最低映画まとめ

スポンサーリンク

幻の湖

東宝創立50周年記念作品 、第37回文化庁芸術祭参加作品という肩書と、脚本に黒澤明監督作の常連だった橋本 忍の監督作。
ではあるものの、あまりに奇想天外且つ難解なストーリーによって文字通り長らく「幻の作品」になっていた今作。
愛犬を殺された風俗嬢が犯人とマラソン対決をしたり、そこにスペースシャトルや戦国時代の話まで絡んでくる意味の分からなさが後年、カルト映画として本作を再評価する流れになっています。
また、後年橋本 忍自身も、本作を「失敗作」であると認めています。
(でもきちんとDVD化されていたりと、「珍作」「カルト映画」としては人気があるということなのでしょう。)

北京原人 Who are you?


20億の予算をかけ、ベテランスタッフをそろえた今作ですが、ハチャメチャな展開、矛盾だらけのストーリーで興行的に大失敗。
今や邦画屈指の「底ぬけ映画」「カルト映画」として再評価(?)されています。
しかし北京原人の鳴き声が「ウパー」だったり、なぜ能力を証明させるために陸上競技大会に現代人の選手として出場させるかなど謎と疑問、矛盾はつきない。。
映画監督北野武も本作を「偉大な作品」としてある意味評価しています。

デビルマン


デビルマン
壮大な物語の原作をわずか2時間に押し込んだストーリー展開の唐突さ、さながら「学芸会」と揶揄されたキャストの演技力などで「駄作」「最低映画」「バカ映画」の称号をほしいままにしている、ある意味では金字塔的な作品。

シベリア超特急

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

ハッキリ言って題名と真逆の内容。深津絵里演じる恩田すみれは劇中死亡したと思しき描写がありますが(監督は「すみれは既に死亡しており、最後に登場したのは幽霊か幻」と見えるように意図したことを認めている)ヒロインを死亡させておいて「新たなる希望」もクソもないと思います。
とにかく、それまでの犯人勢ぞろいさせておけば盛り上がるだろうという安易な脚本と、誰か死ねば新鮮なんじゃね?感動するんじゃね?話題になるんじゃね?的な安直さが感じられる作品。
ハッキリ言ってシリーズの最期を締めくくるにふさわしいとは到底思えないひどい出来の作品。

ゴジラ FINAL WARS


FINALと名の付くものはあまねく駄作なのか?と思いたくなる作品。前述の「踊る~」同様に、それまでの犯人勢ぞろいさせておけば盛り上がるだろうという安易な脚本とマトリックスの劣化コピーのようなチープな人間アクションでゴジラ映画である必然性が全く感じられない作品。個人的にワーストゴジラ映画。北村一輝の割り切ったキレた演技が唯一の見どころかも。

ギャラクシー街道

三谷幸喜、どうした!?と思わず叫びたくなる駄作。個人的にも三谷作品のファンなだけに余計そう思います。
しかしある意味贅沢な映画だも思います。

二時間弱の大がかりなコントだと思えば。

三谷幸喜作品には安心感があります。誰にも受け入れられやすい、際どさの少ない良質なコメディとどんなトラブルも回収してハッピーエンドへ向かうカタルシス。
ただ、ある意味で作る側にはそれが窮屈だったのでしょうか?
一応、出産シーンがクライマックスになるのでしょうが、出産自体も何の伏線もなく、突然勃発した事態(一応おでこを擦り合わせるというのはありますが)。
小栗旬の変身後のキャプテン・ソックスも期待はずれに終わり、なんだか肩透かしを食らったような印象を受けます。
願わくば、願わくばなんですけど、いつかこの映画が北野武監督の『みんなやってるか~!』的な立ち位置として『愛すべき駄作』になることを願ってやみません。
この映画を撮ることで三谷幸喜監督自身のガス抜きができた、、、せめてそうではないと擁護できんなぁと。。