【ミスコン企画】映画史上もっとも美しいエイリアン決定戦!

スポンサーリンク

アンダー・ザ・スキン

エイリアンの正体は

スカーレット・ヨハンソン

スペース・バンパイア

「悪魔のいけにえ」のトビー・フーパー、「エイリアン」の原作者ダン・オバノンなどの豪華スタッフで制作されたSFホラー。

日曜洋画劇場にてテレビ放送された際、解説者の故・淀川長治さんは「色々な意味で夜眠れなくなる作品」「テレビでこんなにオッパイの丸出しは、なんとも世の中変わりましたねぇ、と思いましたよ」等の感想を本編そっちのけで語っていたという逸話もあります。

エイリアンの正体は

マチルダ・メイ

スピーシーズ

1995年の作品。宇宙からのDNAと地球のDNAで生まれた生物の繁殖一代記。「エイリアン」で有名なH・R・ギーガーが今作のエイリアンの造形も手掛けています。

エイリアンの正体は

ナターシャ・ヘンストリッジ

これはエロトラウマになってる人多いんじゃないかな?昔木曜洋画劇場で年に一回は必ずやってた気が。

ナターシャ・ヘンストリッジは今作で女優デビュー。当時『世界一美しいエイリアン』と呼ばれてましたが、全面的に賛成。ホントに美しいです。キレイです。

是非一度見ていただきたい。

話としては『すんどめミルキーウェイ』がホラーになったらこんな感じになるだろうなって話ですよ。

メン・イン・ブラック2

ウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズ共演の人気SFコメディの第2弾。

3作目では若い日のKがメインなので、ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズの本格的な共演は今作が最後。

当初はK(トミー・リー・ジョーンズ)とJ(ウィル・スミス)とL(リンダ・フィオレンティーノ=前作の検死官役でヒロイン)の3人がメインになる案もあったそう。

ちなみに今作のヒロインは「シン・シティ」のロザリオ・ドーソンです。

エイリアンの正体は


出典元:https://news.ameba.jp/image/20180111-818
Ameba News
ララ・フリン・ボイル

この人も美しいエイリアンでしたね~。

悪のエイリアンのボス的な役でした。

最近は劣化した?とか言われてるみたいですが。

若干、キャリー・アン・モスに似てるかな?

本来年を重ねても美人でいられる系の顔だと思うんですが、まぁこれだけキレイなら付き従うエイリアンの部下もすぐできますよね。