【カルト映画】定番のカルト映画まとめ(60年代編)

定番のカルト映画一覧はこちら

※個人的にカルト化してほしい作品は以下の記事で紹介しています

私的カルト映画5選!

スポンサーリンク

気狂いピエロ

気狂いピエロ [Blu-ray]

ジャン・リュック・ゴダール監督、ジャン・フェルナンド、アンナ・カリーナ出演のロードムービー。
予期せぬ殺人からの逃避行する二人の日常とすれ違いを描いています。
ゴダールらしい映画内メタなどの演出も健在。
アンナ・カリーナのファッションもレトロでかわいいし、好きな映画の一つです。
また、衝撃の大爆発のラストシーンは必見!

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか

スタンリー・キューブリック監督作品。キューブリックにとって最後のモノクロ映画です。
キューバ危機によって極限まで達した冷戦状態をベースに、偶発的に核戦争が勃発し、人類滅亡への様子を描くブラックコメディです。
邦題に関しては翻訳にも超厳しいスタンリー・キューブリックが直訳でないと許さん!ってことでこうなったらしいです。
人名であるはずのストレンジラヴまで日本語訳してしまうところに翻訳者の意地と皮肉を感じるのは私だけでしょうか?

マタンゴ


マタンゴ [DVD]
日本映画でも異色のSFホラー作品。
食料のない無人島に漂着した若者たちが、飢餓のあまり島に自生している唯一の食料のキノコに手を出してしまう。
禁断のキノコを食べた人間が一人一人マタンゴへ変貌していく恐怖を描いています。
日本のロックバンド「特撮」の曲に同名の楽曲があったり、アメリカの映画監督スティーブン・ソダーバーグは、幼少期に本作を見た影響から30代ごろまでキノコを食べられなかったと語るなどのトラウマ映画でもあります。

定番のカルト映画一覧はこちら

※個人的にカルト化してほしい作品は以下の記事で紹介しています

私的カルト映画5選!




この記事を見た人におススメ!