【カルト映画】定番のカルト映画まとめ(80年代編)

定番のカルト映画を年代別にご紹介していきます!

ではどうぞ!今回は80年代編です!

定番のカルト映画一覧はこちら

※個人的にカルト化してほしい作品は以下の記事で紹介しています

私的カルト映画5選!

狂い咲きサンダーロード


狂い咲きサンダーロード オリジナルネガ・リマスター版 [Blu-ray]

石井聰亙監督が日本芸術大学の卒業製作として弱冠22歳で作り上げた映画。近未来都市『サンダーロード』で起きる暴走族の抗争を描いています。
卒業製作ではあるものの、東映セントラルフィルムの配給で全国公開されています。
北野武監督の選ぶ映画10選にもランクインしており、今なお高いカルト人気を誇る作品。
キャッチコピーは「地獄まで咲け、鋼鉄の夢」「ロックンロール・ウルトラバイオレンス・ダイナマイト・ヘビーメタル・スーパームービー」

未来世紀ブラジル


未来世紀ブラジル [Blu-ray]

テリー・ギリアム監督作品。全体主義の管理された社会で主人公の抑圧からの解放を物語のテーマにしています。
建物の至るところに張り巡らされたパイプが監視社会を表す揶揄となっています。
ロバート・デ・ニーロは本作の出演を熱望し、配管工の役で出演しています。

ブレードランナー


ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション [Blu-ray]

リドリー・スコットが「エイリアン」の次に監督した作品。
いわずとしれた名作SF映画。劇場公開時は人気が振るわなかったが、ソフト化につけて人気が拡大。今ではサイバーパンクの先駆者的な存在の映画となり、また映像化不可能と言われた原作の実写に成功した映像も、革新的な未来描写として非常に高い評価を得ています。
ラストでのロイ・パッティの独白はロイ自らのアドリブであったそう。

ちなみにブレードランナーというタイトルはウィリアム・S・バロウズの小説から拝借されています。
もともとのタイトルは「デンジャラス・デイズ」でした。

レポマン


レポマン [DVD]
1984年の映画。『シド・アンド・ナンシー』などの監督作を持つアレックス・コックスのデビュー作品。
ストーリーがブッ飛びすぎてる映画でカルト化しました。
借金のカタとして自動車を回収する職業(レポマン)に転職したパンクの青年オットーの身に降りかかる出来事とは・・・。

スカーフェイス


スカー・フェイス  プレミアム・エディション [Blu-ray]

暗黒街の顔役をアル・パチーノ主演でリメイク。
チェーンソーでの拷問シーンが有名。

スパイナル・タップ


スパイナル・タップ [DVD]

こちらも1984年の作品。「スタンド・バイ・ミー」「ミザリー」「最高の人生の見つけ方」などのロブ・ライナーの初監督作品です。
架空のロックバンド「スパイナル・タップ」の再ブレイクまでを追うというドキュメンタリー風の作品。
疑似ドキュメンタリー、コメディとしてもカルトな人気を誇る映画です。
ホラーではなくて、コメディなのでアハハと笑えるところも多いです。
ちなみにスパイナル・タップは厳密にいうと半分架空のロックバンド。映画の人気により、現実でもアルバム発売やライブ活動などロックバンドとして存在しているからです。

ミュージシャンの大槻ケンヂ曰く、「ロック・バンドを描いたどの映画よりもリアル」だそうです。

他にも世界の名だたるミュージシャンがスパイナル・タップを評価しています。(詳しくはこちら

定番のカルト映画一覧はこちら

※個人的にカルト化してほしい作品は以下の記事で紹介しています

私的カルト映画5選!




この記事を見た人におススメ!