スポンサーリンク

爆笑必至!いつでも笑える面白いおすすめ映画まとめ

スポンサーリンク

笑える爆笑映画01.洋画系

最後の恋のはじめ方

デート・コンサルタントのアレックス・ヒッチンス(ヒッチ)と、スーパーセレブのアレグラ・コールに思いを寄せる冴えない男、アルバートのそれぞれの恋を描いた作品。

ストーリーは王道なんだけど、アルバートのデート・コンサルタントをするシーンやウィル・スミスに間違ってキスするシーンなど、コメディパートが面白いですね。

こういう系の映画ではダントツでレベルが高いのではないでしょうか?

この映画の面白さはアルバートとウィル・スミスのキャラクター。

日本のバラエティーでみせる陽気さと、ヒッチとして対外的に見せる陽気さは通じるものがあって、より役柄を魅力的にみせています。

ミート・ザ・ペアレンツ

ベン・ステイラーの板についたコメディアンぶりと、デニーロのコミカルさが笑いを誘います。
最近ではコメディの作品にも多く出演しているデニーロですが、役柄は至って真面目な花嫁の父親役。しかし、家族以外には公言できない秘密があって。。

婚約者の父親に気に入られようとする、ベン・ステイラー演じるフォッカーのひたむきさと、それが緊張のなかで空回りしてしまうという状況。男性ならつい、あるある!と思ってしまうのではないでしょうか。

クリスティーナの好きなコト

この下品な下ネタの数々を楽しく笑い飛ばせるかそうでないかでかなり評価は分かれる作品かと思います。(もちろん僕は楽しく見れますが。)

比べて本作では下ネタはバンバンありつつも、キャメロン・ディアス演じるクリスティーナ自体は遊び好きなフツーの女の子。友達もいて、恋愛もして、それなりに楽しくしてる、例えるならクラスの中心で人気者だったんだろうなぁと思えるような子なのです。

だから映画としてみてもそれなりに共感できて、それなりに楽しく観れる作品かと思います。

マダム・フローレンス! 夢見るふたり

マダム・フローレンス! 夢見るふたり」は2016年に公開された、メリル・ストリープ、ヒュー・グラント主演の実話を元にしたコメディ映画。

マダム・フローレンス~は邦題で、原題は「Florence Foster Jenkins」。

現代の通り、世界一音痴な歌手と呼ばれたフローレンス・フォスター・ジェンキンスの音楽をユーモラスに描いた作品です。

マダム・フローレンスの伴奏を務めるピアニスト・オーディションでは腕前よりも「マダム・フローレンスの歌声を聞いても笑わないかどうか」で合否が決められたと言われています。
ただ、最後は意外と夫婦愛に泣ける感動作。おすすめです。