【動画】命懸け『ミッション:インポッシブル』トム・クルーズ スタント集

他のページに行く前にシェアしていきませんか

トム・クルーズの代表作と言えば『ミッション:インポッシブル』シリーズ。今年の夏に公開される『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』でシリーズ6作目を数える人気シリーズですが、『ミッション:インポッシブル』シリーズはトム・クルーズ自らがほとんどのスタントをこなしていることでも有名です。

今回はそんな『ミッション:インポッシブル』シリーズからトム・クルーズの命がけスタントを動画付きでご紹介します!

スポンサーリンク

トム・クルーズ自身がヘリコプターを操縦


『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ではトム・クルーズ自らがヘリを操縦するというスタントに挑戦。

通常、ヘリの操縦はたとえ一日8時間の練習を3か月続けたとしても初心者レベルにしかいけないと言われていますが、トム・クルーズは「短時間で2000時間の訓練をこなす」と宣言し、見事に操縦ライセンスを取得。
そのスタントはあまりに危険なため、多くのパイロットは挑戦すらしないというレベルの難易度の「らせん落下」と呼ばれるアクロバット飛行。
世界で唯一ニュージーランドでしか撮影許可が下りなかったというエピソードがその危険性を物語っています。

トム・クルーズはこの撮影でスタントだけでなくヘリコプター内に設置されたカメラ操作まで行うという離れ業をやってのけています。

世界で最も高い高層ビルの壁をよじ登る


シリーズ第4弾『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』では地球上で最も高いビル、ドバイのブルジュ・ハリファの壁をスタントマンなしでよじ登るスタントを披露。

さらにビルの側面を走ったり、部屋から外へダイブするなどの危険なスタントも自らこなしています。

そのあまりのスタントにCG説も浮上していたほど。

時速400キロ以上に加速する軍用機のドアにしがみつく


『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』では地球上で最も高いビルをスタントマンなしでよじ登るスタントを披露したトム・クルーズですが、次作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』では、そのスタントを超えるスタントを実現させたいというクリストファー・マッカリー監督のリクエストに応え、1500メートル上空を飛行する時速400キロの軍用機にしがみつくというとてつもないスタントに挑戦しています。

トムは飛行機のエンジンがまわり始めてから、上昇、地上走行、滑走路での走行、離陸、飛行、引き返して着陸、そしてエンジン停止まで機体の側面にずっと張り付き、理想のショットを撮影するために8回同じことを繰り返した。離陸の際、トムの身体は機体の壁に何度もたたきつけられたという。

出典:https://www.oricon.co.jp/news/2050652/full/
トム・クルーズ、超絶スタント秘話 離陸する飛行機に“8回”しがみついた | ORICON NEWS

トム・クルーズに対する本職のスタントマンの評価

「トムは全てのスタントを自分でやるんだ。彼がやる必要がない時でもね。今回もプロデューサーたちがひどく心配になるシーンが多くあり、トムはそれをさらに迫力のあるシーンにしようとする。私が『これが君じゃない、なんてわかる人はいない。君が自分でやる必要はないよ。スタントマンにやってもらい、見ていれば良いんだ』と言うと、彼は『観客は違いがわかるよ。それに、僕は楽しいからやるんだ』と言ったんだ」

出典:https://news.walkerplus.com/article/26224/
世界一のビルでトム・クルーズがスタントなしでアクション!メイキング映像が遂に公開 | NewsWalker

『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』のスタントコーディネーターの発言

「彼はあらゆる種類のスタントをやってのけた。僕は飛行機などを使ったエアスポーツにかけてはスペシャリストだと自負しているけれど、クルーズはそれだけじゃない。すべてをやってのけたんだ。彼はどんなスタントでもやってみせた。まさにトップクラスだよ。彼は毎回そこにある挑戦にトライできることに喜びを感じていたはずだし、そのチャンスを活かしてきたんだ」

出典:https://www.redbull.com/jp-ja/jon-devore-mission-impossible

プロも賞賛するトム・クルーズのスタント能力

ベテラン・スタントマン、ジョン・デボア(Red Bull Air Forceキャプテン)の発言

『ミッション:インポッシブル』シリーズの商品購入はこちら