スポンサーリンク

ヒューマン・ドラマに感動!実話を元にしたおすすめ映画

スポンサーリンク

シンドラーのリスト


シンドラーのリスト」は1993年のアメリカ映画。
スティーヴン・スピルバーグ監督、リーアム・ニーソン主演で、第二次世界大戦中のドイツで多くのユダヤ人をホロコーストから救った実在のドイツ人実業家、オスカー・シンドラーを描いています。

第二次世界大戦期のドイツ、ナチスによるユダヤ人迫害が熾烈を極めていた頃、実業家のオスカー・シンドラーは自社工場の労働者としてユダヤ人を雇い入れます。当初は単なる労働力として雇い入れた似すぎませんでしたが、次第にシンドラーの中には彼らを救いたいという想いが芽生えてゆきます。

「シンドラーのリスト」の感想・レビューはこちら

ホテル・ルワンダ

ホテル・ルワンダ」は1994年に起きたルワンダ虐殺を扱った映画です。

虐殺の中で自らが勤務するホテルに家族や難民を秘密裏にかくまい、1200人を虐殺から救ったポール・ルセサバギナの実話をもとにした映画です。

「アフリカのシンドラー」とも呼ばれる彼の物語は正に感動のヒューマン・ドラマそのもの。

しかし、劇中でも語られていたように西欧諸国とほぼ利害のないルワンダの虐殺は介入はおろか虐殺行為との認定もなかなか行われず、その結果として100万を越える死者を出す結果となってしまいました。

例えば9.11のテロ事件は100年後の世界史にも刻まれるでしょうが、100万人が虐殺されたこのルワンダ虐殺は果たして今後の歴史に覚えていてもらえるのでしょうか。

もちろん、数の大小ではないことはわかっていますが、 それ以上にアフリカという地域は軽視されているのだと感じます。

映画自体は高い評価を受けたにも関わらず、そのテーマとルワンダという日本人にとって馴染みのない場所だったことによって当初は日本で劇場未公開だった今作。

世界の無関心は日本も例外ではないということです。

「ホテル・ルワンダ」の感想・レビューはこちら



キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」は2002年公開のトム・ ハンクス、レオナルド・ディカプリオ共演作品。監督はスティーヴン・スピルバーグ

実在の天才詐欺師、フランク・アバグネイルの半生をコミカルに、そして鮮やかに描いた作品です。

親の離婚をきっかけに衝動的に家を飛び出したフランク・アバグネイル。

まだ10代だった彼は、生活のために詐欺行為をくりかえすようになる。

ある時はパイロット、ある時は医者、ある時は弁護士と華やかな職業へ自分を偽り日々を暮らすアバグネイルだったが、FBI捜査官のカールは着実にアバグネイルに近づいていた。

二人の追いかけっこの中で独特の絆が生まれてくるのは見所のひとつ。

ちなみにこの映画でトム・ハンクスが演じたカール捜査官は実在の人物ではありません。ジョー・シアという人物をモデルに、複数の人物を織り混ぜて作られた架空の人物だそうです。

なお、劇中でフランクの父を演じたクリストファー・ウォーケンは、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、英国アカデミー賞では助演男優賞を受賞しています。

「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」の感想・レビューはこちら

エレファント・マン

エレファント・マン』は1980年公開のドラマ映画です。19世紀末のロンドン。『エレファントマンと呼ばれた』ジョゼフ・メリックの生涯を描いた作品です。

かのマイケル・ジャクソンもジョゼフ・メリックの人生について「自分自身について考えさせられます。他人事だとは思えず、涙が出てきます」と発言。

監督は「カルトの帝王」と称されるデヴィッド・リンチ。主演は「エイリアン」のジョン・ハートと、「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスが務めています。

「エレファント・マン」の感想・レビューはこちら

ドリーム

ドリーム」は2016年公開のアメリカの伝記映画です。

アポロ計画の前身である、マーキュリー計画。そのマーキュリー計画に大きな功績を果たした3人の黒人女性たちの奮闘を描くヒューマンドラマ作品です。

舞台は1960年代初頭のアメリカ。まだ人種差別が色濃く残る時代、NASAに務める3人の黒人女性は、それぞれの現場で差別と直面しながらも、努力と才能によって、宇宙開発計画になくてはならない存在へと成長していきます。

さて、この『ドリーム』、劇場公開時には『ドリーム 私たちのアポロ計画』という副題つきで公開されたのですが、実際の映画の内容はアポロ計画の前身であるマーキュリー計画についてだったことから邦題詐欺では?との声も大きく、ソフト化される際に『ドリーム』というタイトルに改題されたという逸話があります。

「ドリーム」の感想・レビューはこちら

事実じゃない?実話を基にした映画に隠された『嘘』特集!

【邦題詐欺?】タイトルと中身がちぐはぐな映画

グレイテスト・ショーマン

グレイテスト・ショーマン』は19世紀に活躍した興行師、P・T・バーナムの成功を描いたミュージカル映画です。
ラ・ラ・ランド」で歌曲賞を受賞したベンジ・パセック&ジャスティン・ポールのコンビが音楽を担当しています。

オープニングのサーカスシーンは背筋が思わずゾクゾクするような興奮!人間ドラマというか、主人公の人生や感情があまり深く掘りさげていないために若干観ていて戸惑うシーンはあるのですが、映画を通して人間讃歌とでも言えばいいのか、どんな人間にも輝ける場所はあって、そして一人ひとり必ず認められるべき存在なのだというメッセージは素晴らしかったですね。

多毛症の人や小人症の人、全身タトゥーに黒人の人。。人種もなにもかもバラバラな人たちが平等に扱われ、家族ともいえる関係になってゆく。

中盤に、ありのままの自分を『これが私(This is me)』と高らかに歌い上げる彼ら。その精神はこの映画の全編を通して貫かれています。

多くのドラマを経てのエンディングのサーカスの場面では恥ずかしながら涙してしまいました。
華やかな音楽と前向きなメッセージは今の時代の情勢を諭すように2018年にもマッチしていたように思います。

紆余曲折を経た彼らのパフォーマンスにはエンターテイメントだけでは言い表せないメッセージを感じました。

「グレイテスト・ショーマン」の感想・レビューはこちら

ブレイブハート

かなり史実を脚色してあるので実話をもとにしたとは言い難い部分があるのですが、それでも感動する映画だと思います。

この映画の主人公はのちにスコットランド独立の立役者となる

ネバーランド


イギリスの劇作家、ジェームズ・バリ。

彼の代表作である、『ピーターパン』を作り上げるまでを感動的に描いた作品。

未亡人のシルヴィアとその子供達がスランプに陥っていたバリの心を癒し、彼らとの物語を『ピーターパン』として書き上げていきます。。

しかし、その頃シルヴィアが重い病にかかっていることが判明します。

ジョニー・デップが子供の心を持ち続ける作家、ジェームズ・バリを、ケイト・ウィンスレットがバリを支えていく未亡人、シルヴィアを演じています。

「ネバーランド」の感想・レビューはこちら



他にもおすすめ映画まとめています!

おすすめ映画一覧はこちら

【おすすめ映画】マジで面白い!絶対観るべき映画厳選90作!!

マイナーだけど面白い⁉おすすめの隠れた傑作映画まとめ

ジャンル別おすすめ映画はこちら

【ラストに驚愕】この結末は予測不能!オススメどんでん返し系映画

人生に前向きになれるおすすめ映画まとめ