映画鑑賞のお供に!【おすすめ映画本!!】

最近、本読んでますか?映画を深く理解する際にも個人的にはネットのレビューとともに本もおススメします。

本を読むということ

たとえばマーティン・スコセッシの『沈黙』。隠れキリシタンの受難を描いた作品ですが、当たり前に

『なぜ日本ではキリスト教が禁じられていたのか』

『当時の世界情勢はどうだったのか』

などは最低調べておかないと、

たた、『かわいそうだった』『何かわからないけど凄かった』程度の感想に終始してしまいそうです。(かくいう僕自身も大したレビューは書けていませんが。。)

やはり、本の方が断然情報量は多く、かつプロの方が書かれているので、ウェブの下手なレビュー記事より断然読みやすいんですよね。

いつか僕もこれくらいの文章が書けるようになりたい・・・!

と言うわけで映画鑑賞のお供に、おすすめ映画本を紹介していきます!

最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』 から 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 まで

ご存知、映画評論家の町山智浩さんの著作。

読み手を次のページへぐいぐい引き込ませる文章力や、いくつもの文献をまたがってひとつの映画を深く深く考察する教養の幅など、いわゆる僕らみたいな『映画ブログ』とは当たり前ですがレベルが違います。違い過ぎます。

いつか、本当にいつか、このような文章が僕にも書けたらなぁと思います。

さて、肝心の本の中身ですが、映画の歴史を紐解いていきながら、現在のアメリカでトランプ政権が生まれる土壌となった差別や迫害の意識がどのように保たれ続けてきたのかを解説されています。

個人的には自分自身のフェイバリットムービー、『フォレスト・ガンプ』が差別問題、そしてアメリカの歴史をこのように捉えていたのかということに驚かされました。

以前のコラムでも書いたかもしれませんが、やはり表現物である以上、わずかでも必ずその時の『時代』は反映されているとおもいます。

ただ、映画を面白かった、つまらなかったで論じるのではなく、映画から歴史を辿っていくのは凄くエキサイティングでもありました。

この本の購入はこちら

みんなの映画100選

映画の名言や名セリフを集めた本。イラストのゆるさと相まって、まるで絵本のよう。

ネットでは伝わらない、紙媒体ならではの温かみを感じてほしいですね。

この本の購入はこちら

オーケンの、私は変な映画を観た!! 2

筋肉少女帯の大槻ケンヂさんの著作。オーケンらしい着眼点と、思わず笑ってしまうような映画レビューの数々!著作家としても評価の高いオーケンならではの文章がたのしい一冊です。

個人的にはこの本がきっかけで出会った映画も多いですね。

この本の購入はこちら

映画に仕組まれたビジネスの見えざる手 なぜ映画館にはポップコーンが売られているのか

これは映画そのものの評論と言うより、映画ビジネスのちょっとした裏側やトリビアについて知ることができる本。

パンフレットや前売り券が日本独特のものであること、シネコンと普通の映画館の違い、映画料金の国別の金額の違いなど、思わず「へぇ~」と唸ってしまうことは確実でしょう。

映画業界についての数々の話はかなり面白く、またとても勉強になります。

この本の購入はこちら

作品の裏を知れば、意味が変わる

ここでも映画を例に説明したいと思います。

97年公開のポール・ヴァーホーベン監督の『スターシップ・トゥルーパーズ』。

元々は1959年に刊行された『宇宙の戦士』という作品が原作でした。

唯一軍歴の有無だけが『市民』と『一般人』という階級を分ける、軍国主義の未来社会。

人類はアラクニドと呼ばれる昆虫型の宇宙生物と戦争へ突入していました。

がただ、その原作と映画で大きな違いがあるのが『パワードスーツ(※)』の有無。

機動戦士ガンダムも『宇宙の戦士』の『パワードスーツ』に影響を受けたほど、作品を象徴するアイテムなのですが、映画版では一切使われていませんでした。

※エイリアン2でリプリーがエイリアンクイーンと戦うときに使ったやつをイメージしてください。

そのおかげか劇中では人体切断がビシバシ起きる!(そもそも俳優の動きが見えにくくなるようなアイテムは一般にはハリウッドで禁忌とされているようです。)

また映画は全編を通して戦意高揚のための疑似CMを流しています。

普通にみればちょっと残酷&グロテスクなバトルエンターテインメントなのですが、『裏』を知ることでこの映画が過度な軍国主義を皮肉った作品であることがわかります。

例えば映画は全体としてナチスドイツの映画『意思の勝利』のパロディでもありますし、疑似CMは第二次世界大戦中にアメリカが作った戦意高揚のための映画のパロディです。それらを過度に表現することで、それらを強烈に皮肉っています。

バーホーベンの言葉を借りるなら『作中でファシズムの思想や創造力をもてあそぶことを通じて、アメリカ社会のある側面を描き出そうとした』とのことです。

さらに深いレビューを書くにはこの『アメリカ社会のある側面』とは何か、をまた調べて学んでおかねばなりません。

本を読もう!

なので、知識の習得としてやはり本は読まないとな。。というところですね。

どんなファンタジーな作品でも現実社会の一面をどこかに反映していると僕は思っています。

ネットでもいいかもしれませんが、ネットって『知のデータベース』には結局成り得なかったなぁという感覚があるので。。

ネットが普及するころは、本にあることはネットにも同じように登場すると予想してましたが、やはり情報の信頼性という意味でも、体系的な編集物としての利点からみても、本の需要はまだまだなくなることはないと思いますね。