一流英国スパイ、ジェームズ・ボンドが愛するアイテムとは

他のページに行く前にシェアしていきませんか

英国諜報部員であるジェームス・ボンド。

彼はそのキャラクターとして、「一流のものしか身に着けない」とされています。

そんなジェームス・ボンドが愛用するアイテムとはいったい何でしょうか。

オトナの男の憧れアイテムをご紹介していきます!

スポンサーリンク

スーツ

TOM FORD(トム・フォード)


ジェームス・ボンド役がダニエル・クレイグになってからスーツ・ブランドがトム・フォードに変わりました。
(第一作目のカジノ・ロワイアルのみブリオーニ(Brioni)、それ以降はトム・フォードに変わっています。)

ダニエル・クレイグのボンドが着用するスーツはディテールはクラシカルなのですが、シルエットは細身で美しいモダンなスタイル。

シャツ

Turnbull&Asser(ターンブル&アッサー)


ターンブル&アッサー(Turnbull&Asser) 007 ドクターノーシャツ 日本仕様 ホワイト

そんなジェームズ・ボンドがスーツの中に着込むシャツはターンブル&アッサー。
ターンブル&アッサーは1885年イギリスのロンドンでレジナルド・ターンブルとアーネスト・アッサーという二人のシャツ職人によって創業した100年以上の歴史を誇る老舗のブランドです。
ジェームス・ボンドも愛用するターンブル&アッサーのシャツですが、現実世界でも、栄光王室ご用達であったり、米大統領などの一流の人物が顧客となっています。

そんなターンブル&アッサーのシャツ特徴は「ターンブルカット」と呼ばれる独特の襟のカット。襟の外側をSの字状にカッティングすることで、ジャケットを着用した際に襟が外に飛び出すのを防ぎ、シャープな印象を与えています。

時計

OMEGA(オメガ)シー・マスター


オメガ シーマスタープロフェッショナル 007ジェームス ボンド50周年限定

イアン・フレミングの原作ではジェームズ・ボンドはロレックスを愛用していましたが、映画の『007』シリーズの第17作目『ゴールデンアイ』から第24作目『スペクター』までジェームズ・ボンド役を演じたピアース・ブロスナンとダニエル・クレイグはともにオメガのシーマスターを愛用しています。

シーマスターは1948年に防水時計のブランド「マリーン」から発展して発売されたモデルです。発売当初は日常生活防水レベルの防水機能に留まっていましたが、耐高圧リューズやモノコックケース等の新技術を惜しみなく投入し、英国海軍が採用していたことや
「グラン・ブルー」のモデルとなった伝説的ダイバーであるジャック・マイヨールも身に着けていたことからわかるように、プロからの信頼も厚く、名実ともにオメガを代表するシリーズとなっています。

Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)


クロケット&ジョーンズ オードリー3 ストレートチップ

John Lobb(ジョン・ロブ)


(ジョンロブ) John Lobb

アイウェア

TOM FORD(トム・フォード)


TOM FORD サングラス 007 スペクター ダニエル・クレイグ着用 SNOWDON




この記事を見た人におすすめ!