【映画レビュー】シャイニング

シャイニング [Blu-ray]
「シャイニング」はスタンリー・キューブリック監督、ジャック・ニコルソン主演のホラー映画です。
原作はスティーブン・キング。
スタンリー・キューブリックらしい徹底的にこだわりぬいた映像の狂気が観客を恐怖に引きずり込みます。

「シャイニング」製作裏話はこちら

スポンサーリンク

「シャイニング」のスタッフ・キャスト

監督
スタンリー・キューブリック

脚本
スタンリー・キューブリック
ダイアン・ジョンソン

製作
スタンリー・キューブリック

出演者
ジャック・ニコルソン
シェリー・デュヴァル
ダニー・ロイド
スキャットマン・クローザース
バリー・ネルソン
フィリップ・ストーン

「シャイニング」のあらすじ

小説家志望のジャックは職を求めて冬の間、ホテルの管理人の面接を受けます。

面接官からはホテルのある事件を打ち明けられますが、ジャックは意に介しません。

しかし、特殊な能力を持つ息子のダニーには不思議な光景が見えていました。

冬の誰もいないホテルでの生活を始めたトランス一家でしたが、主のジャック・トランスは徐々に精神に変調をきたしていきます。

感想・レビュー

ホラー映画ですが、キューブリックらしくワンシーン・ワンシーンが徹底したこだわりのもとに撮影されていますので、芸術映画としても素晴らしい作品です。

(エンディングのボールが転がるシーンは最終的にカットされたシーンではあるものの132テイクを費やしています。)

悪魔のいけにえがどちらかというとラフで、偶然の要素も強く、様々な不確定の要素が絡まりあった結果の芸術性を獲得したのに対して、シャイニングは細かく計算し尽くしての芸術作品といった感じです。

ちなみにロンドンの研究結果によると本作が『科学的に一番怖い映画』なのだそうです。

僕が思うこの映画の恐怖はやはりジャック・ニコルソンのあの演技でしょうか。

斧で扉を壊し、顔を除かせるシーン。

ポスターにもなっている有名なシーンですが、このショットのために数十ものテイクを重ねたそうです。

どこか家族に疎んじられている雰囲気をかんじさせるジャックですが、後半ではその寂しさや鬱憤、殺意となって家族に向けられています。

この映画で初めて本格的に導入されたステディハンディカムを利用してダニーを追うシーンは劇中最も緊迫感のあるシーンではないでしょうか。