スポンサーリンク

プラダを着た悪魔の名言・名セリフ

スポンサーリンク

「プラダを着た悪魔」とは

「プラダを着た悪魔」は2006年に公開されたアン・ハサウェイとメリル・ストリープ共演のコメディ映画。

世界的ファッション誌の転職を当初はジャーナリストへの足掛かりと割りきっていたアンドレアが、失敗をきっかけにオシャレに洗練されていく変身っぷりは必見。
ハイブランドのファッションが楽しめるのも見逃せません。

「プラダを着た悪魔」の感想・レビューはこちら

今回はそんな「プラダを着た悪魔」から名言・名セリフをご紹介します。

「プラダを着た悪魔」の名言・名セリフ

仲間入りだね。仕事がうまく行き始めたってことだよ。もし私生活がダメになってきたら教えてよ。それは昇進の日も近いって意味だから。

スタンリー・トゥッチ演じるナイジェルのセリフ。みな何かを犠牲にしながら、それでも世界最高の仕事のために頑張っていることがひしひしと伝わってきます。

「言い訳が品切れよ」

「バカ言わないで。誰もが私たちに憧れているのよ」

このセリフは当初は『私に憧れている』だったそうですが、ミランダを演じたメリル・ストリープのアイデアにより、『私たち』に改められました。

「あの子を雇わなかったら大バカよ」

ラストで鬼編集長のミランダと袂を別ったアンドレアですが、次の職場として向かったでの面接にて、面接官が事前にミランダからのメッセージを預かっていたことをアンドレアに伝えます。

その内容は

他にも映画の名言・名セリフまとめています!

■ジャンル別名言集はこちら

狂気と哀しさが滲む・・・戦争映画の名セリフまとめ
まさに迷言!?忘れられない映画のセリフ
夢を諦められない人たちへ映画の名言まとめ
恋愛に効く!映画の名言まとめ
明日から活かしたい!映画の名言まとめ

■映画の名言100はこちら

映画の名言100選!心に響くあの映画の名セリフ100連発!

この記事を見た人におススメ!