【裏話】ダイ・ハード ラストシーンのヒミツ

ダイ・ハード [Blu-ray]

きょうの裏話はダイハードです。

当時のヒーローといえば、『ランボー』や『コマンドー』(!)のように、ものすごい体力と好戦的な男が片っ端から敵をなぎ倒す、というものがおおかったのですが、

(※注 ランボー一作目は世間一般のランボーのイメージとはまた違う映画です。)

マクレーンはイヤイヤながら戦わざるをえない状況になり、そして頭も使いながら敵をなんとか倒す、そんな現実味の強いキャラクターでした。
ブルース・ウィリス演じるジョン・マクレーン、世界一ついていない男として有名ですが、当時このマクレーンのキャラクター像は斬新だったのではないでしょうか?

さて、話が長くなってしまいました。

このダイハードの一作目、ラストはアラン・リックマン演じるテロリストのボスが、ナカトミビルから落下して死亡

(明確な死の描写はないけど、あの高さから落ちたら誰でも死ぬな。。)

という落ちでした。落ちる瞬間のアラン・リックマンの驚きの表情が印象的です。

まぁそれもそのはず。

本テイクで使われたのは演技ではない、アラン・リックマンが本当に驚いた顔だったからです。

これ芸人さんのドッキリと変わらないレベル。。。

アラン・リックマンは惜しくも2016年に亡くなりましたが、印象に残る作品を多く残してくれました。

スポンサーリンク

無料で映画を観よう!

いいねやツイートお願いします!