【ネタバレレビュー】「ネバーランド」最高に泣けるピーター・パンのヒミツ

ネバーランド [DVD]

涙なしでは見れない!最高に泣ける一本です。

奇抜な役の多いジョニー・デップが、一転して実在の人物、ジェームス・バリを演じています。

ジェームス・バリは19世紀の劇作家。ピーター・パンの生みの親として有名です。

今作はそんなピーター・パンができるまでの心温まるお話。

スポンサーリンク

「ネバーランド」のスタッフ・キャスト

監督
マーク・フォースター

脚本
デヴィッド・マギー

出演者
ジョニー・デップ
フレディ・ハイモア
ケイト・ウィンスレット
ジュリー・クリスティ
ラダ・ミッチェル
ダスティン・ホフマン

「ネバーランド」のあらすじ

発表する劇の評価はイマイチでも、いつまでも少年のような心を持つ、ジェームス・バリ。

しかし、それゆえに引き起こされる家庭の不和。

そんな中出会ったディヴィス夫人とピーターを始めとする子供たち。

ピーターは父の死で心を閉ざしがちな子供になっていました。

彼らとの交流を通して、ジェームスは癒され、また彼らに感化されてもいきます。

そして、それらをピーター・パンという作品に昇華させていきます。

感想・レビュー

決して派手ではないですが、深く感動する映画

実在の人物、ジェームス・バリの史実を交えながら、ピーター・パンという作品ができるまでを丁寧に描いた作品です。

ジョニー・デップが主人公のジェームス・バリを、今作ではヒロイン役として、タイタニックのケイト・ウィンスレットが、ジョニーの心を癒す存在としてシルヴィア・ディヴィスを好演してます。

決して派手ではないですが、その分、良い意味で深く感動する映画です。

僕の嫌いな映画の傾向として

『誰かが死ぬ=感動』みたいなものがあります。

例えば『私の中のあなた』とか。

人が死ぬことについて、『感動』したから泣いているのか?それとも実は『かわいそう』だから泣いているのか?

それら2つが混同されてはいないか?と思うんですよね。

※詳しくは下記で書いているのでみてみてください。

映画全体を包み込む優しさと誠実さ

ネタバレですが「ネバーランド」でも、ケイト・ウィンスレット演じるシルビアは終盤亡くなりんですよね。

けれども死そのものはほとんど描写されずに、映画全体を優しさと誠実さが一貫して包み込んでいます。

ファンタジー的な演出はあるものの、クライマックスを除いてほぼスパイス的に、劇中劇を分かりやすく観客に伝えるために使われているので、大人の鑑賞にも充分耐えうる、落ち着いた映画になっています。

心があったかくなる感動作。オススメです。