ハリウッド製ガンダム登場…!!「レディ・プレイヤー1」日本限定予告編

他のページに行く前にシェアしていきませんか

スポンサーリンク

「レディ・プレイヤー1」にガンダム登場!

先日「レディ・プレイヤー1」に関する記事を書いたばかりですが、これはうれしいですね~!
スティーブン・スピルバーグ監督最新作「レディ・プレイヤー1」にアバター・キャラクターとして日本が誇るSFロボット、ガンダムが登場します!!

ハリウッドがガンダム作るとこうなるのか・・・超カッコいい!!

一瞬しか出てこないけど、このポーズ、この圧倒感、これはまぎれもなく、ガンダムだ~~~~!!!!!!(実は私、ガンダムマニア・・・)

そんなガンダム版の「レディ・プレイヤー1」予告編はこちら




そもそも「レディ・プレイヤー1」ってなに?

「レディ・プレイヤー1」概要

近年目覚ましい普及と進化を果たしたVR(ヴァーチャル・リアリティ)。
そんなVRを題材にスティーブン・スピルバーグが挑んだ作品です。

原作はアーネスト・クラインの小説、「ゲーム・ウォーズ」。

VR世界のアバターとして、今回取り上げたガンダム以外にも、三船敏郎モチーフのアバターや『AKIRA』のキャラクターのアバターが登場するなど、日本のキャラクターが登場するのも楽しみですね!

「レディ・プレイヤー1」あらすじ

舞台はいまから27年後の2045年。もはや地球は環境汚染や気候変動、政治不全が原因となって荒廃し、大半の人々がスラム街で暮らさざるを得ない状況に陥っていた。
彼らは荒廃した世界からの逃避として「OASIS(オアシス)」と呼ばれる仮想現実の世界にのめりこんでいた。
OASISはVR(ヴァーチャル・リアリティ)世界ですべての夢が実現する仮想世界ではありながらもゴーグル1つで想像したことがすべて現実になる、いわば理想郷でもあった。
17歳のウェイド・ワッツもそんな「OASIS」に入り浸っていた。彼が取り組んでいたのはアノラック・ゲーム。
アノラック・ゲームとは、「OASIS」の創始者、ジェームズ・ハリデーが仕組んだ遺言のゲーム。遺言は「全世界に告ぐ。オアシスに眠る3つの謎を解いた者に全財産56兆円と、この世界のすべてを授けよう。」という者だった。
ゲームの参加者はハリデーがオアシス内に隠したとされるイースターエッグを必死に探す。ウェイドは「OASIS」で出会った仲間、そして謎めいた少女アルテミスとともにアノラック・ゲームに挑む、
そこへオアシスの管理権によって世界支配を企む巨大企業、IOI(イノベーティブ・オンライン・インダストリーズ)社も加わり、アノラック・ゲームは現実世界をも巻き込んだ闘争へ発展していく。

「レディ・プレイヤー1」まとめ

このところ、歴史的・社会的な作品の多かったスティーブン・スピルバーグが放つ特大エンターテインメント作品です!
アメリカでは3月にすでに公開されており世界最大級の映画レビューサイトのRotten Tomatoesには312件のレビュー批評家支持率は74%、平均点は10点満点で6.9点という好評価になっています!

キャッチコピーは「最高の、初体験」

「レディ・プレイヤー1」は2018年4月20日より公開です。

早速「レディ・プレイヤー1」観てきました!

「レディ・プレイヤー1」関連商品はこちら





この記事を見た人におススメ!