名作映画「タイタニック」トリビア・裏話特集 

スポンサーリンク

タイタニックとは

『タイタニック』は1997年公開の恋愛・パニック映画。

タイタニック号の沈没という史実をベースに、ジェームズ・キャメロンが監督を務め、当時の世界興行記録を塗り替えるほどのヒットになりました。

主演のレオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレットもこの作品をきっかけにブレイク。

1998年のアカデミー賞でも11部門を受賞するなど、評価の高い作品です。

トリビア裏話01 ローズの絵を描いたのはジェームズ・キャメロン本人

トリビア裏話02 ローズ役はグウィネス・パルトローも候補だった

監督のジェームズ・キャメロンが、ローズ役を最初にオファーしたのはケイト・ウィンスレットではなくグウィネス・パルトローでした。

グウィネスがヌードデッサンのシーンを躊躇したことと、スポンサーから「ふくよかさが足りない」との意見があったため、ケイト・ウィンスレットにローズ役が回ってきたという経緯があります。

トリビア裏話03 ジャックは死なずに済んだ

「怪しい伝説」というアメリカのテレビ番組が2013年にこの疑問を解消した(あるいは、議論に終止符を打った)。映画と同じ大きさの木の板を用いて、実際に実験を行ったのだ。最初、木の板は、番組ホストの2人を乗せるにはあまりにも不安定でそのまま沈むかに見えた。しかし、1人用の救命胴衣(映画の中でもローズが着用していた)を板の下に結びつけると、嘘のように浮き続けた。番組ホスト2人は「ジャックは死ぬ必要はなかった」と結論づけた。

この時、番組にはジェームズ・キャメロン監督も出演していた。彼は“自分の失敗”を認めたものの、映画のストーリー上、ジャックは死ぬ必要があったと発言した。しかし、4年後、ジェームズ・キャメロン監督は、「怪しい伝説」のホスト2人の言うことには1つ間違いがあったと“発表”した。

The Daily Beast とのインタビューで、ジェームズ・キャメロン監督は「ジャックはマイナス2度の凍りつく海中で、低体温症を発症しており、ローズの救命胴衣を使って木の板を浮かせる時間はなかった」と主張した。

出典:https://www.businessinsider.jp/post-632
映画 『タイタニック』 のジャックは死なずに済んだ? | BUSINESS INSIDER JAPAN


トリビア裏話04 タイタニック号は左右反転されている

撮影用の船は右舷側死かr造られませんでしたが、実際にタイタニックが出港するときは左舷側が接岸していたため、キャメロンは文字をすべてさかさまにし、役者の利き手や衣装のボタンなどを逆にして撮影を行いました。
そして、編集時にフィルムを反転させ、史実の通りにしたという逸話があります。

トリビア裏話05 一等航海士・マードックの真実

映画「タイタニック」の中で登場する一等航海士のウィリアム・マクマスター・マードックは実在の人物です。しかし、その人物像には、映画と史実で大きな違いがあります。

映画の中ではタイタニックが沈没の危機に陥った時、富裕層から賄賂を受け取り、彼らを救命ボートに優先的に乗せたり、パニックを起こした乗客を射殺、その後自殺するなど、行動やモラルに欠けた不名誉な人物として描かれています。

しかし実際はマ―ドックは最後の瞬間まで職務を遂行し亡くなったという当時の乗客からの証言や遺族からも抗議があったことで、20世紀フォックスはマードックの遺族に謝罪しています。

トリビア裏話06 別エンディングが存在している


映画『タイタニック』には、公開版とは微妙に違う、別エンディングが存在しています。

公開版のエンディング

トレジャーハンターのブロック・ロベットにすべてを語り終えたローズは、その夜、隠し持っていた最高のブルー・ダイヤモンド「碧洋のハート」を一人船から投げ捨てます。

別エンディング

トレジャーハンターのブロック・ロベットにすべてを語り終えたローズは、船の甲板に向かいます。その様子を見ていた孫娘のリジーとブロックはローズの元へ向かいます。

彼女の手に隠されていたのはブロックが探し続けていたブルー・ダイヤモンド「碧洋のハート」。
思わずダイヤモンドに手を伸ばすブロックにローズは真の宝とは何なのかを咎めて「碧洋のハート」を海に投げ込みます。

「タイタニック」の商品購入はこちら




この記事を見た人におすすめ!