あの俳優もオファーされてた!ヒット映画のウラ事情まとめ

スーパーマン リターンズ

スーパーマン リターンズ [Blu-ray]
2006年の公開のスーパーヒーロー映画。『スーパーマン』を原作とした実写映画化の第5弾で『X-メン』『ユージュアル・サスペクツ』のブライアン・シンガー監督作品です。

演じた俳優・・・ブランドン・ラウス

オファーを断った俳優・・・ジュード・ロウ

ブランドン・ラウスが演じたスーパーマンですが、当初はジュード・ロウにオファーがいっていました。
オファーを断った理由としてジュード・ロウはスーパーマンの衣装を上げています。

ロウは、「私は英国人なので分からないけど、(その役に)合うとは思わなかった。常に衣装は気にかかるもの。私はただ、その衣装に魅力を感じなかった」と語った。

ブライアン・シンガー監督は、ロウが役を演じてくれるように、改良したスーツを送って説得した。ロウはスーツを喜んで試着してはみたが、すぐに脱いでしまった。

ロウは、「スーツをバスルームに持っていき、着用して周りを見回し、鏡に映る姿を確認し、一瞬にして私はスーパーマンになる。そしてテーマ曲が流れる。それから、コスチュームをまとった自分のポスターが、世界中に貼られる。私は“なんてこった!”という感じだった。それからスーツのファスナーを開けた。スーパーマンになるのは、2分間だけで十分だった」と、語った

最終的にスーパーマンの役はブランドン・ラウスの手に渡った

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/11634900/
ジュード・ロウがスーパーマン役のオファーを断った理由明かす – ライブドアニュース

アバター

アバター [初回生産限定] [DVD]

2009年公開のSFアクション映画。歴代全世界興行収入No.1として有名。監督はジェームズ・キャメロン。本格的な3D映画の最初期の作品でもあります。

演じた俳優・・・サム・ワーシントン

オファーを断った俳優・・・マット・デイモン

マットは成人誌「プレイボーイ」に、「僕は特にジェームズ・キャメロンと仕事をしたかったんだ。今もそうだよ」「彼は僕に『いいか、この役を君にオファーする。もし、君がノーと言うなら、この映画に君は必要ないってことだよ』って言ったんだ。僕は『オーゴッド、スケジュールの関係だけでノーって言っているわけじゃないんだけどな。でも(ノーと言ったら)、彼は僕の仕事を後で奪ってしまうくらいのスターを別の男から選んでしまうのか』って思ったことを覚えているよ」と語っている。

出典:http://www.hollywood-news.jp/news/gossip/33622/
マット・デイモン、『アバター』の主役を断って後悔 | Hollywood News – ハリウッドニュース

ビバリー・ヒルズ・コップ


ビバリーヒルズ・コップ [Blu-ray]

演じた俳優・・・エディ・マーフィー

オファーを断った俳優・・・シルベスタ-・スタローン

スタローンは最初の脚本を書き換えて「コブラ」として自ら主演しました。

シカゴ


シカゴ [Blu-ray]

演じた俳優・・・リチャード・ギア

オファーを断った俳優・・・ジョン・トラボルタ

ジョン・トラボルタ後日はインタビューで、「断ってしまった自分に今でも腹を立てている」と本作のオファーについて発言しています。

スターウォーズ


スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 (字幕版)

演じた俳優・・・アレック・ギネス/ デヴィッド・プラウズ

オファーを断った俳優・・・三船敏郎

オビ=ワン・ケノービ、ダースベイダー役でオファーを受けていました。
三船に決まった場合、ダースべーダーはマスク無しになっていたともいわれます。

レヴェナント 蘇えりし者


レヴェナント:蘇えりし者 [Blu-ray]

演じた俳優・・・トム・ハーディ

オファーを断った俳優・・・ショーン・ペン

ディカプリオの役ではなく、劇中でトム・ハーディが演じたジョン・フィッツジェラルドの役のオファー。

ブラック・スキャンダル


ブラック・スキャンダル ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

演じた俳優・・・ベネディクト・カンバーバッチ

オファーを断った俳優・・・ガイ・ピアーズ
ピアースはジョニー・デップ演じるジェームズ・バルジャーの弟、政治家ビリー・バルジャー役をオファーされていました。映画でこの役を演じたのはベネディクト・カンバーバッチ。

タイタニック


タイタニック <2枚組> [Blu-ray]

1997年公開の映画。レオナルド・ディカプリオ主演、ジェームズ・キャメロン監督の言わずと知れた名作です。

演じた俳優・・・ケイト・ウィンスレット

オファーを断った俳優・・・グウィネス・パルトロー

グウィネス・パルトローは劇中のデッサンシーンのヌードに抵抗を感じていたため、抵抗のないケイト・ウィンスレットに決まったそうです。
またグウィネス・パルトローでは役柄のイメージに対して体形が細すぎたため、その理由もケイト・ウィンスレットに決定した一つだそうです。

ソルト


ソルト デラックス・ディレクターズ・コレクション [DVD]

演じた俳優・・・アンジェリーナ・ジョリー

オファーを断った俳優・・・トム・クルーズ

『ミッション:インポッシブル』というおなじようなジャンルにすでに出演していたために断ったそう。

シザーハンズ


シザーハンズ [Blu-ray]

ティムバートン監督作品。
ジョニー・デップの出世作です!
当時、本映画のヒロイン、ウィノナ・ライダーと実際に交際していたことでも話題に。

演じた俳優・・・ジョニー・デップ

オファーを断った俳優・・・トム・クルーズ

トム・クルーズが映画のハッピーエンドを要求したために折り合いがつかず降板になったとか。

ダイ・ハード

ダイ・ハード [Blu-ray]

当時TVドラマの人気者だったウィリスが映画俳優に転身するきっかけになった作品。

演じた俳優・・・ブルース・ウィリス

オファーを断った俳優・・・アーノルド・シュワルツェネッガー

ダイ・ハードの企画はもともとアーノルド・シュワルツェネッガー主演の「コマンドー」の続編にあたるものでした。そのためか、当初はアーノルド・シュワルツェネッガーが候補の一人でした。
他にもクリント・イーストウッド、アル・パチーノも候補に挙がっていました。

ザ・ロック

ザ・ロック [Blu-ray]

演じた俳優・・・ニコラス・ケイジ

オファーを断った俳優・・・アーノルド・シュワルツェネッガー

脚本の出来に満足できなかったというシュワルツェネッガーは、『ザ・ロック』のプロデューサーを務めていたドン・シンプソンが自身のトレーラーに完璧に酔っ払った状態で入ってきて、ジェリー・ブラッカイマーの手作り脚本を手渡された時のことを次のように振り返った。

「『ほら、この脚本を見ろよ。でも読んじゃだめだ!』ってドンが言ってきたんだ。これで分かるだろ。彼は酔っ払っていて、支離滅裂だったんだ。だから僕は『ドン、君が見せてくれないならこの企画に関われない。脚本をそもそも読むなって言うんだからね! もっと企画を煮詰めてから出直してきたらどうだい』って言ったんだ」

こうしてシュワルツェネッガーに追い返されてしまったドンはご立腹。その後にニコラス・ケイジにアプローチし、『ザ・ロック』は彼が出演することになった。

出典:https://news.mynavi.jp/article/20120926-a170/
シュワちゃん、過去にダイ・ハードとザ・ロックの出演オファーを断っていた | マイナビニュース

羊たちの沈黙


羊たちの沈黙 [Blu-ray]

1991年公開のサイコスリラー。ジョナサン・デミ監督。アカデミー賞、主要五部門全てを独占した数少ない作品の一つ。
アンソニー・ホプキンス演じる「レクター博士」はハマリ役でした。

演じた俳優・・・アンソニー・ホプキンス

オファーを断った俳優・・・ロバート・デ・ニーロ

レクター博士役にはアンソニー・ホプキンス以外にもロバート・デ・ニーロやダスティン・ホフマン、ショーン・コネリーなどの候補が挙げられていたらしいです。
だが、監督のジョナサン・デミは『エレファント・マン』を見てアンソニー・ホプキンスに役を決めたという逸話があります。