スポンサーリンク

トイ・ストーリーのトリビア・裏話まとめ

今回は世界初の長編フルCGアニメとなった「トイ・ストーリー」シリーズからトリビア・裏話をご紹介します!

知られざる「トイ・ストーリー」の裏側をどうぞ!

スポンサーリンク

トイ・ストーリー2は劇場公開される予定ではなかった

当初、「トイ・ストーリー2」は劇場公開される予定はなく、そのままビデオスルーされる予定でした。しかし、その出来の良さから劇場公開されることとなりました。

ちなみに、当時Disneyとピクサーには劇場公開作品に関しての収益配分の契約がありましたが、今作を当初のいきさつから劇場公開作品と認めないDisneyと、劇場公開作品としてカウントしたいピクサーの間に軋轢を生むこととなりました。

トイ・ストーリー3は当初は全く違う話だった

アンディとおもちゃたちの別れを描いた感動作、「トイ・ストーリー3」。

シリーズ屈指の名作と評価も高い本作ですが、当初は「バズ・ライトイヤーに欠陥が見つかり、リコール対象として台湾の玩具工場に送り返され、ウッディ達がバズを連れ戻しに向かう」というストーリーでした。

バズ・ライトイヤーは実際に宇宙に行った

2008年にディズニーがNASAと協力し、バズはスペースシャトルディスカヴァリーに搭乗し、国際宇宙ステーションに6ヶ月間滞在しました。

スペースレンジャーと言う設定のバズですが、これで実際に宇宙で任務に就いたことになります。

ちなみに「バズ」という名前もアポロ11号の宇宙飛行士エドウィン・オルドリンの通称「バズ」からとられています。



原語版のウッディ役はトム・ハンクス


日本語吹き替えが唐沢寿明と所ジョージなのは有名ですが、原語だとウッディの声を担当しているのはあのトム・ハンクスです。

唐沢寿明の吹き替えも非常に評価が高いのですが、オリジナルのトム・ハンクスも高い評価を得ています。

日本語吹き替えの二人は「買うなら絶対バズ」らしい

トイストーリー3の舞台挨拶で、唐沢寿明さんはウッディを『子供が一番欲しがらないキャラ』と説明。『俺が子供だったら絶対こっち(バズ)買うもん』と。

唐沢寿明さんの言葉に呼応するように、所ジョージさんも『買うんならこっち(バズ)がいいね』とバスの魅力を力説。一方でウッディには『こっち(ウッディ)はね、後ろ(のひも)引っ張るだけ』との辛辣な言葉が(笑)。

ちなみに所ジョージさんの自宅にはバズ・ライトイヤーのフィギュアがあるそう。


ディズニー トイ・ストーリー リアルサイズMyトーキングアクションフィギュア バズ・ライトイヤー



この記事を見た人におすすめ!