へバ!GOODBYE「ルームロンダリング」の公比古が好きすぎる!!


ルームロンダリング [DVD]

スポンサーリンク

「ルームロンダリング」とは

『ルームロンダリング』は2018年公開のコメディ作品。
崔洋一監督や廣木隆一監督らの元で助監督を務めてきた片桐健滋監督の長編映画デビュー作でもあります。
出演者は池田エライザさん、オダギリジョーさんなど。
事故物件を渡り歩き、一般のお客さんへの告知義務をなくす仕事、「ルームロンダリング」。
とにかく面白い!2018年公開作品の中でマイランキングNo.1の座に輝く作品です。

予告編

あらすじ・内容

八雲御子、20歳。幼少期に母が蒸発、その後母親代わりを務めてくれていた祖母も高校生の時に亡くなってしまう。
それから御子が母の弟である叔父の雷土悟郎に連れられ、不動産屋でアルバイトすることに。

その内容とは『ルームロンダリング』。

事故物件を渡り歩き、一般のお客さんへの告知義務をなくし、事故物件を浄化するお仕事。

隣人と交流はNGという決まりがあったが、もともと人づきあいが極端に苦手な御子には好都合だった。

そんな御子にはある内緒の能力がある。それは「死んだ人が見えること。」

ルームロンダリングでやってきた1Kのアパートでは自殺した陽気なパンクスの幽霊の公比古と遭遇。
徐々に仲良くなる二人だが、悟郎の命令で次の事故物件に引っ越すことに。

次の物件は「殺人」。これまで御子には負担が大きいと「殺人」案件の部屋は使用させなかったが、報酬につられて御子を駆りだす。

そのマンションの部屋ではストーカー殺人の被害者のOLの幽霊がいた。御子はOLの幽霊「悠希」からの犯人を捕まえてほしいという願いを四六時中聞かされるハメになる。

また、マンションの隣人の虹川亜樹人もやたらと御子に話しかけてくるなど、にわかに御子の周りは騒がしくなっていくが・・・。



「公比古」って誰?


画像出典:映画『ルームロンダリング』公式サイト

公比古(キミヒコ)はアパート『しあわせ荘』のバスタブにうずくまっていたパンクロッカーの幽霊。

破れたTシャツにライダースジャケット といういかにもなルックスをしている。

人生に絶望して手首を切り自殺。

ちなみに出刃包丁らしい。

『気づいたら自殺していた』とは本人の弁。

出身は青森。興奮すると津軽弁が出る。それは御子に『何を話しているのか全くわからない』と言われるほどネイティブなもの。

日本酒の田酒が好き。幽霊になって、酒が飲めなくなったと気づいたときには、自殺したことを猛烈に後悔するほど。

基本的には自殺したと思えないほど陽気で明るいお調子者。同じく幽霊の悠希には初対面にもかかわらず、『なにこのバカ』と言われていた。

しかし、御子から同じように幽霊となって成仏できずにいる人々の境遇を聞かされ、義憤にかられるなど、正義感の強く、心優しい人物でもある。

そんな公比古の成仏できずにいる原因は、新曲のデモテープ。生前は勇気がなく、レコード会社に送れなかったらしいが、どうしてもレコード会社からの新曲の評価が気になり、成仏できずにいる。

映画版のラストでは、レコード会社からはCD化の返答をもらうことができ、涙していた。(御子からは『死ぬことはなかったんだよ、バカだね~』と言われた。)

その後、デモテープを青森の実家の墓に入れるよう、御子に言い残して成仏したかに思えたが、ドラマ版では御子がデモテープを叔父の悟郎が経営する雷土不動産に置き忘れたままのため、未だに成仏できていない。

御子の叔父の悟郎を「悟郎ちゃん」と呼び、話し相手として仲良くなっており、雷土不動産のお留守番役になっている。

悟郎曰く『ホウレンソウもできない、使えないパンクス』。

渋川清彦さん

公比古役を演じたのは映画版・ドラマ版共通して渋川清彦さんが演じられています。

渋川清彦さんはの974年7月2日生まれ、群馬県渋川市出身の俳優。その名字の「渋川」は芸名で出身の渋川市からとられています。

『MEN’S NON-NO』や『smart』などの雑誌でモデルを務めた後、98年の映画「ポルノスター」で映画デビュー。

2013年の映画、『そして泥船はゆく』で映画初主演を果たしています。



へバ!GOODBYE

「へバ!GOODBYE」は公比古の新曲の名前。御子が部屋の片隅に隠されたデモテープの収録曲。

公比古曰く「命より大切なデモテープ」とのこと。

ちなみに公比古の魂は自殺した部屋ではなく、デモのカセットテープに宿ってるらしい。本人曰く『ポータブル幽霊』。

その曲の出来映えは御子に言わせると「ダサすぎてかっこいい」。

レコード会社からCD化の話も来るように、決して悪くはない曲。

タイトルの「へバ!」とは?

一説には

helloとvivaを、合わせた造語なのでは?と言われてもいます。

または、Hello,goodyeの短縮形?とも。

作詞・作曲はFLYING KIDSの浜崎貴司さん。歌うのは公比古を演じた渋川清彦さんです。

「へバ!GOODBYE」収録のサントラはこちら


映画「ルームロンダリング」 オリジナル・サウンドトラック

「ルームロンダリング」の購入はこちら




この記事を見た人におすすめ!