もう一度観たくなる!「もののけ姫」裏設定まとめ

他のページに行く前にシェアしていきませんか

スポンサーリンク

モロと乙事主は元恋人

サンの母親代わりのモロ。齢300歳の山犬です。声優は美輪明宏さんが努めています。

また、鎮西からやって来たとされる乙事主は齢500歳の猪。こちらは故・森繁久彌さんが演じられていました。

さて、このモロと乙事主はかつては「良い仲」の恋人同士であり、100年前に別れたという設定なのだそう。

宮崎駿監督がアフレコの際に美輪さんにそのことを伝えると、モロの声が女らしく変わったそう。

コダマはトトロの祖先⁉

宮崎駿監督は、もののけ姫に登場する木霊が数百年後にトトロになるというイメージで今作を製作したそう。

物語の最後で、シシ神によって荒廃した土地に再び緑が宿っていく場面があります。

そして、再び再生した森のなかに一匹の木霊が姿を表しますが、宮崎駿監督のイメージでは、その木霊が後にトトロになる、そんな思いを抱いているそうです。

カヤはアシタカの許嫁

劇中、呪いを解くために村を出て西へ向かうアシタカをカヤは『兄様』といって引き止め、玉の小刀を渡すのですが、ふたりは兄妹ではなく、カヤはアシタカの許嫁なのだそうです。

ちなみにこの玉の小刀は、蝦夷の女性が男性に自分の気持ちの証として贈るのが習わしなのだそう。



エボシ御前は海外に売られていた

「もののけ姫はこうして生まれた」によると、エボシ御前には人身売買された過去があるとのことです。
倭寇(13~16世紀の朝鮮・中国地方の海賊)の頭の妻にされるも、次第に組織を支配するようになったのち、頭を自らの手で殺し、明の兵器を日本に持ちかえってきたとのことです。

劇中では当時としては最新鋭の石火矢を作り出すなどの行動力、戦略にその影響が見て取れます。

サンの子孫は「千と千尋の神隠し」の千尋

「千と千尋の神隠し」の設定資料集にその記述があるそうです。
興味がある人は以下を読んでみてください。

The art of spirited away―千と千尋の神隠し (Ghibli the art series)

「もののけ姫」の商品購入はこちら




この記事を見た人におすすめ!