多才&奇才!ジャレッド・レトの変幻自在ぶりが凄い!

スポンサーリンク

ジャレッド・レトとは


ジャレッド・レトは1971年12月26日生まれのアメリカ合衆国ルイジアナ州出身の俳優です。

俳優としてだけでなく、ロックバンド「サーティー・セカンズ・トゥー・マーズ (Thirty Seconds to Mars)」のヴォーカリストとしても活動しています。

キャリア

高校を卒業後、絵画を学ぶためにフィラデルフィアの芸術大学に進学しますが、途中で俳優を目指し、ニューヨークの学校へ移ります。

1992年にはミュージシャンを志しロサンゼルスに移住しますが、2年後の1994年からは俳優としも活動をするようになり、テレビ映画『クレイジー・ウェディング』で俳優デビューします。同年のテレビシリーズ、『アンジェラ 15歳の日々』で主人公が恋するイケメンの不良役で人気となります。

その後『シン・レッド・ライン』、デヴィッド・フィンチャー監督の『ファイト・クラブ』『パニック・ルーム』といった映画に出演し、2000年の映画、ダーレン・アロノフスキー監督の『レクイエム・フォー・ドリーム』では麻薬中毒に陥る主人公を演じて高い評価を得ました。

1998年には兄の兄シャノンらとロックバンド「サーティー・セカンズ・トゥー・マーズ」を結成。現在も俳優業と並行して音楽活動を行っています。

老けない?!

ジャレッド・レトはその容姿が20年鑑ほとんど変わらないなど、老けないことでも話題になっています。本人ですら、自分の写真の見分けがつかないほど。

画像出典:https://front-row.jp/_ct/17138964
奇跡のアラフィフ!46歳になったジャレッド・レトが老けない理由を語る – FRONTROW

ジャレッド・レトによると常に同じ表情でしかカメラに写らないことが、年齢を感じさせないと言われる理由だそう。
またレトがベジタリアンであることも関係しているかもしれません。



美しい女装姿(『ダラス・バイヤーズクラブ』)


ジャレッド・レトは『ダラス・バイヤーズクラブ』の性転換を受けたHIV患者のレイヨン役でアカデミー助演男優賞を初め、多くの映画賞を獲得しました。

ジャレッド・レトは当初この作品のオファーを断るつもりだったそうですが、監督のジャン・マルク・ヴァレの熱列なラブコールを受け、出演を決意しました。

役作りとして眉をすべてそり、HIV患者を演じるために約13キロの減量を行っています。

ジャレッド・レトにとってレイヨン役は最もお気に入りの役の一つだとのことです。

『ダラス・バイヤーズクラブ』での受賞

第86回アカデミー賞助演男優賞

第71回ゴールデングローブ賞助演男優賞

第39回ロサンゼルス映画批評家協会賞助演男優賞

第19回放送映画批評家協会賞助演男優賞

第20回全米映画俳優組合賞助演男優賞

わずか2ヶ月間で30キロ増量(『チャプター27』)


ジョン・レノン暗殺の犯人、マーク・チャップマンを主人公にした映画、「チャプター27」。
マーク・チャップマンを演じたジャレッド・レトは役作りとしてわずか2ヶ月間で30キロ増量しました。ベジタリアンのレトは炭水化物中心の食事と、アイスクリームで課題を達成したそう。ちなみにレトはこの急激な体重増量が原因で一時痛風を患い、車椅子生活を送るほどになってしまいました。

ジョーカー役に抜擢(『 スーサイド・スクワッド』)

「ダークナイト」でかつてないほどの賞賛を浴びたヒース・レジャーの演じたジョーカー。
ヒース亡き後、誰がジョーカーを演じてもヒースを比較され、賛否両論の立場になることは誰の目にも明らかでした。

『 スーサイド・スクワッド』でジョーカー役に抜擢されたジャレッド・レトは「狂気の男」を演じるために下記のような行動に出ています。

ジョーカーになりきりすぎて頭がぶっ飛んでしまったのか、生きたネズミや銃弾で満足できなかったらしく、レトは全キャストにビデオメッセージとともに豚の死体を送りつけたそうです。

スリップノットを演じるアダム・ビーチによると、レトは撮影開始直後に現場へ入れなかったものの、ジョーカーという役を真剣に受け止めていることを共演者に伝えたくてこのような行動をとったとのこと。

出典:https://www.gizmodo.jp/2016/05/jared-letos-crazy-acts-while-playing-the-joker-in-suicide-squad.html
映画「スーサイド・スクワッド」の現場でジャレット・レトが見せたクレイジーな行動5選 | ギズモード・ジャパン

他にも

共演者のハーレイ・クイン役のマーゴット・ロビーに、ラブレターと黒い箱に入った生きたネズミを送ったり、ウィル・スミスには手紙と銃弾を送ったりした逸話があります。

『 スーサイド・スクワッド』はそのレトの狂気が強すぎたのか、当初よりジョーカーの出演シーンが大幅にカットされているとも言われています。

それについてのレトの言葉がこちら。

「撮影したシーンがたくさんカットされたことは理解してるよ。でも自分のシーンは、これまで出演した映画のなかでもお気に入りの仕事だった。狂気をにじませるシーンすべてに貢献できたと思ってるんだ。もっと(狂気を)足したいと思っていたしね。(カットされたシーンは)ジョーカーの映画を作るのに十分な量だと思うよ。もし明日僕が死んだら、きっとスタジオは映像を公開するんじゃないかな。R指定、成人指定のシーンもあるけどね」

出典:https://theriver.jp/ss-sue/
『スーサイド・スクワッド』出番大量カットのジャレッド・レト悲痛コメント。観客は激怒「予告編詐欺」→訴訟へ | THE RIVER

「 ジャレッド・レト」の関連商品はこちら