ジェームズ・キャメロン復帰『ターミネーター』最新情報!

他のページに行く前にシェアしていきませんか

ジェームズ・キャメロンがターミネーターシリーズにカムバック!

ターミネーター2から28年、いよいよシリーズの生みの親であるジェームズ・キャメロンが『ターミネーター』シリーズにカムバックします!

『ターミネーター』の権利がキャメロン自身に戻ってくるんですね。

ジェームズ・キャメロンが『ターミネーター』シリーズから離脱した後の作品はいずれも興行収入と作品としての評価が釣り合った作品ではありませんでした。
(特に『ターミネーター3』に関しては「スープに小便をかけられた気分だ」とキャメロン自身痛烈に批判しています)

スポンサーリンク

これまでのターミネーターの歩み

1984年『ターミネーター』

アーノルド・シュワルツェネッガー、ジェームス・キャメロンの出世作。

未来から来た殺人ロボットと、それに狙われた女性、彼女を守るために同じく未来から来た戦士が現代で闘うというストーリー。

ラストシーンでのセリフ、『嵐が来る』と伝えられたサラの返答『わかってるわ』は、更なる波乱を予想させる、続編を意識したセリフとも言われています。

ただ、ターミネーターシリーズ自体はジェームス・キャメロンがその権利を当時の妻のゲイル・アン・ハードに売ってしまったおかげで、一作ごとに製作会社が変わり、このあとの『ターミネーター2』まで7年もの月日が空くことになってしまいました。

1991年『ターミネーター2』

続編は失敗するのジンクスを打ち破る名作です。

ターミネーターファンならずともチェックは必須です。
未来世界の人類の指導者であり、救世主でもあるジョン・コナー。

彼が生まれる前にその母親を殺すことでその誕生を阻止しようとしたのが一作目のターミネーターでしたが、今回は幼いジョン・コナーがターゲットです。

ターミネーターシリーズ史上最高の興行収入を上げた今作。
シュワルツェネッガーもシナリオを読んだときに『期待以上のものだった』と感想を漏らしています。

2003年『ターミネーター3』


ターミネーターのレガシーはどこへ?
思わずそう思ってしまうほど、シリーズへの敬意が感じられない作品。
ジョン・コナーの年齢を間違えて計算するという致命的なミスを犯しています。

単純にターネーターの表層をなぞっただけのような、そんな印象です。

まぁ今作のように審判の日の到来を描いて未来との結び付きを強めたのは良かったかなぁと。。

2009年『ターミネーター4』


シュワルツェネッガーなき「ターミネーター」ということで失敗作とみなされている「4」ですが、個人的にはそんなに悪い映画じゃないと思うんですよね。

個人的には「3」でターミネーターファンをかなり失望させてしまったこともこの評価に結びついているのでは?と思わずにはいられません。

シュワルツェネッガーのいないターミネーターということでいうと、僕は個人的にはこの部分は評価しています。
そして未来世界に軸足を移した潔さ。
ターミネーター4は既知感の世界から踏み出そうとしたのです。シュワルツェネッガーなしに。そこにある『ターミネーターの本当の魅力とは設定の素晴らしさとストーリーなんだ』という制作者の信念を感じずにはいられません。

2015年『ターミネーター:新起動/ジェニシス』

4作目まで同一の世界観で作られたターミネーターシリーズをリブートさせた今作。
世界規模では成功と言える結果を出しましたが、アメリカでは評判が芳しくなく、結局この物語は続編は作られないようですね。

ただ見どころは多く、例えば冒頭は一作目の天文台でのシーンをカットまでほとんど完全に再現したシーン。もちろん、カット割りも一作目に忠実。

しかしリブートならではの大胆な変更もあり、今作では擬似的な親子関係をターミネーターとジョン・コナーから、ターミネーターとジョンの母親、サラ・コナーに変更しています。

そしてジョン・コナーの設定にはコアの部分に至るまで大幅な改編が加えられています。

それにより、物語の主役をカイルとサラに絞ることができ、更に今までの敵ターミネーターのマンネリからも脱却することに成功しています。

2019年公開予定『ターミネーター』概要

この2019年公開予定の新『ターミネーター』ですが、生みの親であるジェームズ・キャメロンは製作にまわり、『デッドプール』のティム・ミラーが監督を務めることが決定しています。

物語の設定としては『ターミネーター』の1~2作目の続きとなり、その後の作品はなかったこと、あるいはほかの時間軸での話だったということにするそうです。

シュワちゃん、リンダ・ハミルトン復帰!気になるキャスト陣

アーノルド・シュワルツェネッガーはもちろんのこと、サラ・コナーを演じたリンダ・ハミルトンも新『ターミネーター』に復帰することが伝えられています。

さらに新しいターミネーター役に「エージェント・オブ・シールド」に出演したガブリエル・ルナが決定。また『ロック・オブ・エイジズ』出演のディエゴ・ボネータ、『ブレードランナー 2049』のマッケンジー・デイヴィスやナタリア・レイエスらがキャストに名を連ねています。

新『ターミネーター』はは2019年11月22日に全米公開予定です。