【映画レビュー】ジュラシック・パーク

他のページに行く前にシェアしていきませんか

ジュラシック・パーク [Blu-ray]

恐らく記憶があるなかでは生まれてはじめてきちんと観た洋画だと思います。

まだ物心つく前にね。特殊効果の面でエポック・メイキングな作品であり、間違いなく映画史に刻まれる一本だと思います。

スポンサーリンク

「ジュラシック・パーク」のスタッフ・キャスト

監督
スティーヴン・スピルバーグ

脚本
マイケル・クライトン
デヴィッド・コープ

製作

キャスリーン・ケネディ
ジェラルド・R・モーレン

音楽
ジョン・ウィリアムズ

撮影
ディーン・カンディ

編集
マイケル・カーン
スタン・ウィンストン
デニス・ミューレン
フィル・ティペット
マイケル・ランティエリ

出演者
サム・ニール
ローラ・ダーン
ジェフ・ゴールドブラム
リチャード・アッテンボロー

「ジュラシック・パーク」のあらすじ

感想・レビュー

色々とトラウマ作品でもあります。。

だって怖いんだもん。特にエリー・サトラー博士が電気系統の再起動に向かった時にサミュエル・L・ジャクソンの腕が落ちてくるシーンと、Tレックスが出てくるときに山羊の足がフロントガラスに落ちてくるシーン!

ほんと幼い頃にみた恐怖シーンほどトラウマになりますね。。
だってゴジラとかもホントにいると思ってたもん!今観るとジオラマ感とかキグルミ感満載なんだけど、当時は本物にしか見えなかったなぁ。。
まぁ小学校低学年とかの話だけどね。

モンスター映画の金字塔

そういうモンスター映画がよりリアルになった転換期もこの作品がきっかけでしょうね。
やはりスピルバーグ監督の演出は上手くて、実体を見せずに例えばコップの水の振動だけで対象の大きさを表現したり、例えばゴジラでは人間側は逃げ惑うだけだったりもするけれど、ジュラシックパークの恐竜(特にティラノサウルスね)が少人数をいたぶるように責めるっていう、、、
だからこそ怖いんですよね。
一対一の関係に近いので。

ちなみにCG技術のエポック・メイキングな作品と言われる本作ですが、実はCGの登場シーンは8分ほど。ほとんどのシーンはロボティクスの恐竜が活躍しています。

両親が離婚した子供のための映画

スピルバーグ監督の映画はどれも『両親が離婚した子供のための映画だ』と監督自身が公言してるように、今作もティムとレックスという子供が登場しますが、両親すでに離婚しているという設定です。

当初子供嫌いだったアラン・グラント博士が物語の中で彼らを命がけで守り抜き、エンディングでは子供たちはグラントに寄りかかり眠っているというように、子供たちに親代わりの存在を与えた(グラントの子供嫌いも幾分か和らいでいる)ということが伺えます。