どこまで許せる?「恋する~」系映画まとめ

こんにちは!久々のまとめ記事です。

以前、邦題というのは原題のままだといまいち魅力や『観よう』と観客に思われないタイトルの場合につけられる、という記事を読みました。

例えばリドリー・スコット監督の『悪の法則』の現代は『counselor』

カウンセラー、、、サスペンスフルな作品とはなんとなく不釣り合いな気がしますね。

このように、興味を沸かせたり、内容をわかりやすく伝えるひとつの方法が邦題ですが、『恋する~』だけはやけに目がつく気がします。安易に使いすぎなんじゃ。。と思って今回この記事を作りました!

恋する~、この四文字のお陰で日本語としてわけのわからない作品になっている映画もチラホラ。

多分恋愛映画だと思うんですけどね。

スポンサーリンク

まぁわかる系

まぁ日本語として破綻してないし、意味はわかるよ、って作品たち。

恋する40DAYS

恋する2人の解説書

恋する予感

ちょっと「?」系

この辺からよくわからなくなります。

特にお料理系はこの傾向にあるようで、集中してます。

恋するレシピ 〜理想のオトコの作り方〜

レシピは恋しないと思う。

恋するナポリタン 〜世界で一番おいしい愛され方〜

恋するナポリタン。。上に同じ。

恋するベーカリー

ベーカリーも恋しません。フォーチューンクッキーかよ。

恋する惑星

スケール大きい!

???!わからん!!

恋するブラジャー大作戦(仮)

わけわかんない(笑)勢いだけすごいけど、このタイトル、なかなか買ったり借りたりは勇気要るよね。

恋する履歴書

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム