あっという間にできちゃった!?映画監督たちの「早撮り」エピソード

スポンサーリンク

ロジャー・コーマン

「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」…2日と1晩(撮影)

『B級映画の帝王』と称されるロジャー・コーマン。『私はいかにハリウッドで100本の映画をつくり、しかも10セントも損をしなかったか』という著作からもわかるように、すさまじく合理的で有名。

この『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』はその最たるもので、たった2日と一晩で撮影されたという逸話があります。

(ただ、この撮影期間の真偽については異論もあるよう。)

ロジャー・コーマンのもとからはマーティン・スコセッシ、フランシス・フォード・コッポラやジェームス・キャメロンなど、のちのハリウッドを代表する映画人を輩出していることでも有名です。

ちなみに、この『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』には、若き日のジャック・ニコルソンも出演しています。

マキノ雅弘

「鴛鴦道中」…28時間(撮影)

スティーヴン・スピルバーグ

「プライベート・ライアン」…60日間(撮影)

冒頭のオハマビーチでの戦闘シーンは『映画史に残る20分』と称されるなど、戦争映画の枠を越えて評価の高い『プライベート・ライアン』。

映画は三時間近くある大作なのですが、撮影に要した時間はわずか60日。

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」…9か月(思い立ってから完成まで)

ドナルド・トランプが大統領に就任してからこの作品の製作を思い立ち、11月には劇場公開されたということで、なんと思い付いてからわずか9ヶ月で全てを完成させたことになります。
そこにはスピルバーグの想いがありました。

「この映画は、フェイク・ニュースに対する解毒剤である」と、スピルバーグ監督は断言しています。権力による報復を恐れて萎縮し、異なった意見や価値観による議論が行われないことは危険だと考えた監督が、「権力に対して真っ向から勝負した」先例を示し、マスコミに対して“ゲキ”を飛ばしたのは間違いありません。

元々、製作スピードの早さで知られるスピルバーグ監督ですが、今作はたった9カ月という短期間で撮り上げたことも大きな話題。トランプ大統領が就任してわずか45日後に製作を発表したこととも合わせて、「いま撮らなければならない」「いま訴えなければならない」という危機感の高さがうかがえるはずです。

出典:https://movie.smt.docomo.ne.jp/article/1115219/
スピルバーグ監督最新作『ペンタゴン・ペーパーズ』は、名作『大統領の陰謀』とセット見でさらに面白くなる! | dmenu映画

クリント・イーストウッド

「許されざる者」…39日(撮影)

「ミリオン・ダラー・ベイビー」…37日(撮影)

チャールズ・ロートン

俳優として活躍していたチャールズ・ロートンですが、監督した「狩人の夜」が興行的に失敗したため、今作が唯一の監督作になっています。

「狩人の夜」…36日(撮影)