おっぱいで平和になれる!映画「ペンギン・ハイウェイ」名言・名セリフまとめ

他のページに行く前にシェアしていきませんか

ペンギン・ハイウェイ 公式読本

「ペンギン・ハイウェイ」観に行ってきました!

主人公のアオヤマ君のおっぱいに対するセリフ
「怒りそうになったら、おっぱいのことを考えるといいよ。そうすると心がたいへん平和になるんだ」
がTwitterで話題ですが、おっぱいだけではない、印象的な言葉が盛りだくさんな映画だったので、「ペンギン・ハイウェイ」名言・名セリフをどーんとご紹介!
(でも確かにおっぱいは名言だと思います。あとお姉さんのおっぱいのたゆんたゆんの描写が素晴らしすぎると付記させていただきます。)

スポンサーリンク

「ペンギン・ハイウェイ」とは

『ペンギン・ハイウェイ』は2018年に公開された石田祐康監督の映画。
スタジオ・コロリド初の長編アニメーション作品です。

声の出演は北香那さん、蒼井優さん、西島秀俊さん、竹中直人さんなどが担当されています。

カナダ・モントリオールの第22回ファンタジア国際映画祭にて、最優秀アニメーション賞にあたる今敏賞(長編部門)を受賞しています。

ペンギンハイウェイのあらすじ

アオヤマ君は近所の歯科の受付のお姉さんに憧れる研究好きな小学四年生。

ある日、住宅街に突然ペンギンが出現。

アオヤマ君は南極にしか生息しないはずのペンギンの謎を友達のウチダ君と共に研究することにする。

そんな時、お姉さんが投げたコーラがペンギンに変身。果たしてペンギンの正体は?そしてお姉さんはいったい何者なのか?

『ペンギン・ハイウェイ』考察記事はこちら

『ペンギン・ハイウェイ』裏話はこちら




「ペンギン・ハイウェイ」の予告編

「ペンギン・ハイウェイ」の名言・名セリフ

「怒りそうになったら、おっぱいのことを考えるといいよ。そうすると心がたいへん平和になるんだ」

Twitterやネットでも「金言!」「名言!」「その通り!」とかなり話題になっていたこの言葉。

『エロは地球を救う!』を地でいく言葉ですね。

さて、男性である僕がこの言葉を名言と思うかどうかはみなさんのご想像におまかせします(笑)。

「他人に負けるのは恥ずかしいことではないが、昨日の自分に負けるのは恥ずかしいことだ。一日一日、ぼくは世界について学んで、昨日の自分よりえらくなる」

昨日の自分に負けるとは、言い換えれば退化してしまうこと。

子供の好奇心と、それを満たそうとする努力は僕たちこそ見習わないといけないですね~(しみじみ。。)

これ、勉強の名言でもありますよね。

大人になると時間がなくなったり、あとはスマホでなんでもすぐに検索できてしまう時代ではありますが、学ぶことや調べるための時間もまた、変わらずに大切にしなければと自分自身をも奮い立たせてくれるようなセリフです。

ありがとうアオヤマ君。

「僕が大人になるまでにあと3748日ある」

冒頭のアオヤマ君のモノローグ。

このセリフからは大人になることの憧れやワクワク感と、アオヤマ君の冷静で論理的な性格が伝わってきます。

大人になることに憧れるってやっぱりいいなぁって思いますね。

大人は大人で憧れられるような存在でないといけないな、とも改めて思わされます。




「そうか、君は真夜中を知らないのか」

お姉さんのセリフです。アオヤマ君は確かに賢い子供ですが、まだ子供。

お姉さんとアオヤマ君の違いを改めて強調するようなセリフです。

真夜中というキーワードには、みんな寝静まった時間帯でどこか神秘的な雰囲気もありますし、『ペンギン・ハイウェイ』にはぴったりですね。

「君にはこの謎がとけるか?」

お姉さんの挑発的なセリフです。

この少し上から目線、まさにお姉さんって感じですよね。

このセリフは劇中でペンギンの謎を解こうとするアオヤマ君に向けられたセリフでしたが、映画を観ている私たちにも同じように問いかけられているように思えます。

次のページへ続きます!

『ペンギン・ハイウェイ』考察記事はこちら

『ペンギン・ハイウェイ』裏話はこちら