恋愛映画「きみに読む物語」泣ける名セリフ・名言集

他のページに行く前にシェアしていきませんか


「きみに読む物語」は2005年に公開されたライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス主演の恋愛映画です。
恋愛映画の感動作として評価の高いこの映画、泣ける名セリフや名言をご紹介します!

スポンサーリンク

「きみに読む物語」の予告編

「きみに読む物語」のあらすじ

療養施設へ入寮しているデュークは、同じ施設の認知症の女性患者にある一冊のノートに書かれた物語を読み聞かせます。

その物語の舞台は1940年、アメリカ南部のシーブルック。材木置場で働く青年ノア・カルフーンは、夏休みに別荘にやってきた17歳の少女アリー・ハミルトンに一目惚れ。
ノアはアリーを強引に映画デートに誘い、そこから二人の距離は縮まり、付き合うようになります。
しかしアリーの母親の反対にあい、アリーは別荘から実家へ戻ることになります。結局二人の恋はそれ以上進展せずに夏休みが終わると同時にひと夏の出来事として終わってしまいます。

ノアは大学生になったアリーに向けて毎日手紙を出しますが、その手紙はアリーの母に見つかり、アリーも知らぬ間に捨てられます。
結局ノアが出した手紙は一通も届かず、そのまま戦争が始まり、ノアは徴兵されてしまいます。

戦争が終わり、ノアは無事に帰ってきますが、その頃アリーは裕福な弁護士ロンと婚約していました。

結婚式も目前に迫ったある時、アリーはけじめをつけるためにノアに会いに向かいます—。



「きみに読む物語」の名言・名セリフ

「うまくやるのは難しい。努力が必要だ。でも俺は努力したい。ずっと君がほしいから。一緒にいたいから」

「君は誰かのために君の人生を生きてはいけない。君にとって正しいことをするべきなんだ、たとえ君の愛する誰かを傷つけることになっても。 」

「観覧車に登るなんてバカだった
でも仕方ない
一目惚れだ」

「最高の愛は魂を目覚めさせ、人を成長させる。心に火をつけ、精神に平安を与える。君がそれをくれた」

アリー:「何で手紙を書いてくれなかったの?…ずっと好きだったのに。7年間あなたを待っていたのに。」
ノア:「手紙は書いたさ、一年間365通。毎日書いた。そして、僕達は終わっていない…今でも終わっていないんだ!」

「平凡な思想の平凡な男だ……。
でも一つだけ、誰にも負けなかったことがある。
命がけである人を愛した。 私にはそれで十分だ」

この言葉から映画は幕を開けます。



「きみに読む物語」の商品購入はこちら

他にも映画の名言まとめています!

■映画ごとの名言集はこちら

【夏の定番アニメ】細田守監督「時をかける少女」の名言・名セリフ
細田守監督作「未来のミライ」の名言・名セリフまとめ
【生命は道を見つける】ジュラシック・ワールドシリーズの名言・名セリフ
名言の宝庫!「アバウト・タイム ~愛しい時間について~」からの名セリフ特集
【P・Tバーナム】『グレイテスト・ショーマン』心に残る名言・名セリフ集
実話を元にした戦争映画「ブラックホーク・ダウン」の名言・名セリフ!
永遠の名作邦画「男はつらいよ」寅さんの名言まとめ

■ジャンル別名言集はこちら

狂気と哀しさが滲む・・・戦争映画の名セリフまとめ
まさに迷言!?忘れられない映画のセリフ
夢を諦められない人たちへ映画の名言まとめ
恋愛に効く!映画の名言まとめ
明日から活かしたい!映画の名言まとめ

■映画の名言100はこちら

映画の名言100選!心に響くあの映画の名セリフ100連発!