スポンサーリンク

【感想 レビュー】「ゆれる」味わい深い、邦画の名作!

『ゆれる』は2006年に公開された西川美和監督、オダギリジョー・香川照之主演作品。
地味だけれど、味わい深い、日本映画の名作です。
カンヌ国際映画祭に正式出品されています。

スポンサーリンク

「ゆれる」のスタッフ・キャスト

監督
西川美和

脚本
西川美和

原案
西川美和

製作
川城和実
重延浩
八木ケ谷昭次

出演者
オダギリジョー
香川照之
伊武雅刀
新井浩文
真木よう子

「ゆれる」のあらすじ

東京で写真家として成功している猛は、忙しくも自由気ままな生活をしている。一方、地方に残り実家の商売を継いだ兄の稔は幼い頃から温和で誠実な人柄だが、いまだに独身で父親と2人で暮らしている。母の一周忌で久しぶりに帰郷した猛は、稔と、ふたりの幼なじみの智恵子と3人で近くの渓谷に行った。兄弟が幼かった頃、よく両親が連れてきてくれた場所だが猛はそのことを憶えていない。懐かしい場所ではしゃぐ稔。稔のいない所で、猛と一緒に東京へ行くと言い出す智恵子。だが、渓谷にかかった吊り橋から流れの激しい渓流へ、智恵子が落下してしまう。その時そばにいたのは、稔ひとりだった。兄をかばうため稔が奔走する中、稔の裁判が始められる。事故だったのか、事件なのか。猛の前で、稔は次第にこれまでとは違う一面を見せるようになる。兄は本当に自分がずっと思ってきたような人間なのだろうか。当たり前と思い疑いもしなかった事柄の裏面が見え隠れし、裁判が進むにつれて猛の心はゆれていく。やがて猛が選択した行為は、誰もが思いもよらないことだった───。

兄弟と呼ばれるその絆はどこまで確かで、そして脆いものなのか。一度離れてしまったふたりは歳月を越えて再び出会えるのだろうか。記憶はいかに人をだますものか。人と人が繋がることには、どんな可能性があるのか。7年後、喪失の中で猛は再び「真実」について大きくゆれることになる。

出典:http://www.yureru.com/
映画『ゆれる』公式サイト

感想・レビュー

素晴らしい日本映画です。主人公の心情をすべて台詞で語りつくすようなわざとらしさや、もはや記号化された演技などもなく、それでも丁寧に登場人物を描いています。

この映画で軸となるのは兄が起こした事件。

あれは、殺人だったのか、事故だったのか。

頼れるのは弟の猛の記憶のみ。しかし、記憶というものは曖昧なもので、脳裏の情景はゆらぐ。それと同時に兄弟の関係もゆれる。

東京へ行き、売れっ子カメラマンとして成功した弟の猛。一方で地元でガソリンスタンドをついだ真面目で実直な兄。

気が弱いが優しく、誰からも好かれる兄。しかし、自分は本当の兄を知っていたのだろうか。

事件を通して、それまで見えなかった兄の気持ちが見え隠れしていきます。

兄の本当の姿が真実なら、自分は兄を庇うべきだろうか?

そして猛は決断します。

決して派手なエンターテインメント作ではありませんが、人の心の複雑さ、記憶の曖昧さ、一つ一つを繊細に描き出します。

過度に説明口調な台詞がないのは好印象ですが、かといって逆にわかりづらい部分もほぼありません。

裁判のなかで検察官役の木村祐一が尋問という体で台詞で説明してくれるからです。

西川美和監督、今作の木村祐一に加え、今まで雨上がり決死隊の宮迫や竹原ピストルなど、本業が俳優ではない、異業種からのキャスティングを行うのも特徴のひとつ。

ただ、そんなことをしても『鍵泥棒のメソッド』の荒川良々のヤクザ役みたいな不自然な印象を与えるキャスティングにならないのは、ひとえに人間観察力の素晴らしさによるものでしょう。

エンディング、全てを思い出した猛が兄のもとへ向かいます。

兄の表情でラストショットなのですが、これ以上ない、完璧なエンディングなのです。

是非観てほしい、おすすめの映画です。



この記事を見た人におすすめ!