「ジュラシック・ワールド/炎の王国」日本限定予告編登場!

他のページに行く前にシェアしていきませんか

ニュースとしては古くなっちゃったけど・・・。
「ジュラシック・ワールド/炎の王国」より、日本だけの最終の予告映像が公開中です。

スポンサーリンク

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」のあらすじ

ジュラシック・ワールド事件から3年後の2018年。イスラ・ヌブラル島で火山噴火が起き、島の生き残りの恐竜達を脅かす事になっていたが、それでもパーク崩壊後に恐竜達は自由に島中を徘徊して生きていた。元「ジュラシック・ワールド」のパークの運用管理者だったクレア・ディアリングは恐竜を保護する為の「Dinosaur Protection Group」を設立し、イスラ・ヌブラル島の恐竜絶滅を防ぐため、元恐竜監視員でもあるオーウェン・グレイディを募集し、彼ら探検隊がイスラ・ヌブラル島に向かった。溶岩の雨が降り注ぐ不安定な島に到着し、別の港跡地の場所に恐竜を島から脱出させる為に派遣されたもう一つのグループの傭兵の部隊が恐竜を捕獲する為に到着するが、合流後にオーウェンとクレアはこの探検の陰謀を見つける。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89II
ジュラシック・ワールドII – Wikipedia|

以前はここまでご紹介していましたが、予告編を見る限り、島から脱出させた恐竜の中でオーウェンが育てたヴェロキラプトル「ブルー」のDNAを使って新種を作り出すという陰謀も明らかになっています。
一作目の「ジュラシックパーク」や前作にも出てた遺伝子組みかえの博士、ウーが悪役なのかな?
ちなみに前作からオーウェンを演じたクリス・プラットとクレア役のブライス・ダラス・ハワードはそのまま続投です。

ジェフ・ゴールドブラムがシリーズ復帰

また今作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」ではジェフ・ゴールドブラム演じるイアン・マルコム博士が21年ぶりにシリーズに復帰。2作目の「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」以来となります。
イアン・マルコム博士の名言「生命は道を見つける(LIFE FINDS A WAY)」は今作でも使われており、映画のテーマを暗示させるかのようです。

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」は、7月13日より全国公開です。

追記:早速見てきました!