スポンサーリンク

【クルマ】あの主人公たちが映画で乗ってた劇中車まとめ

今回は映画に登場する車(劇中車)をまとめてみたいと思います!
スーパーカーから個性的なクルマまであの登場人物が映画で乗ってた車をご紹介します!

スポンサーリンク

マトリックス リローデッド(キャデラック・CTS)

マトリックス・リローデッドでトリニティの乗った車がキャデラック・CTSでした。
キャデラック・CTSのデビューは2003年で、本作の公開年と同じでした。
当時の米国でのキャデラックオーナーの平均年齢は約60歳であり、アメリカではキャデラックは「リタイヤした老人が乗るクルマ」というイメージが強かったのですが、
この車はコンパクトでスポーティなキャデラックを目指して開発されました。
劇中でのカーチェイスでもこのクルマのポテンシャルが遺憾なく発揮されています。

このクルマが登場する作品はこちら

マトリックス・リローデッド

ルパン三世 – カリオストロの城(フィアット500)


宮崎駿監督の名作「ルパン三世  カリオストロの城」の中でルパンの愛車として登場するのがフィアット500。イタリア最大の自動車メーカーであるフィアット、この500が初めて登場したのは1957年のことでした。

それから77年に生産停止になるまで400万台生産されたそうです。そのかわいらしい外見で庶民の足として幅広く愛されていたことがわかります。

意外にもルパンがフィアットに乗るのは映画版ではこの作品のみ。

このクルマが登場する作品はこちら


ルパン三世  カリオストロの城

『ルパン三世  カリオストロの城』のレビューはこちら




バック・トゥ・ザ・フューチャー(デロリアンD12)

映画の車で印象的な車は。。必ずこの車の名前が上がることでしょう。その名はデロリアン(デロリアンはメーカー名で正式なモデル名はDMC-12。)

劇中では科学者のドクがタイムマシンとして使用し、人気になりました。デロリアンはDMC-12を発売したきりで、当時の社長のジョン・デロリアンがコカイン所持容疑で逮捕されたことで資金が立ち行かなくなり、あえなく倒産(のちに無罪判決)。そのスキャンダラスなエピソードと車自体の希少性で、その人気は今日においても色あせていません。

現在デロリアンの購入はデロリアン・モーター・カンパニーでオーダーできるようです。

GLAYのHISASHIもデロリアン・ファンとして有名です。また「間違いだらけのクルマ選び」で有名な自動車評論家の徳大寺有恒氏もジョン・デロリアンを指して「あれほどクルマ作りに情熱を注いだ人もいない」と語っていました。

このクルマが登場する作品はこちら


バック・トゥ・ザ・フューチャー

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のレビューはこちら




次ページ:ボンドカー!「007」に登場した車を紹介します!