ホラーを盛り上げる叫びの女王!「絶叫クイーン」まとめ

スポンサーリンク

絶叫クイーンとは

絶叫クイーンとは、ホラー映画やスリラー映画で、悲鳴や叫び声が印象的な女優を差します。

別名、スクリーム・クイーンとも呼ばれ、よりインパクトのあるホラー映画が量産された70~80年代に多く輩出されました。

ジャネット・リー

絶叫映画はコレ!『サイコ』

アルフレッド・ヒッチコック監督のホラー映画。シャワールームでジャネット・リーがノーマン・ベイツに惨殺されるシーンはとても有名ですね。

フェイ・レイ

絶叫映画はコレ!『キングコング』

1933年に公開された『キングコング』。その後何度の続編やリメイクが製作される人気作品となりました。

このオリジナル版でヒロインを演じたのがフェイ・レイ。

コングに翻弄される彼女の叫びは映画史に残る絶叫となりました。

ジェイミー・リー・カーティス

絶叫映画はコレ!『ハロウィン』

ジョン・カーペンター監督のホラー映画、『ハロウィン』。殺人鬼マイケル・マイヤーズに狙われるマイケルの妹で本作のヒロイン、ジェイミー・リー・カーティスも絶叫クイーンとして有名です。また彼女は前述のジャネット・リーの実の娘でもあります。


ネーブ・キャンベル

絶叫映画はコレ!『スクリーム』

『エルム街の悪夢』の監督のウェス・クレイヴンが、当時低迷していたホラー映画の再興を目指して制作した作品『スクリーム』。

そのヒロインのシドニー役を演じたのが、ネーヴ・キャンベルでした。彼女はシリーズを通して命を狙われ続け、作品のタイトル通り素晴らしい叫び声を聞かせてくれます。

ヘザー・ランゲンカンプ

絶叫映画はコレ!『エルム街の悪夢』

ジョニー・デップの映画デビュー作として知られる『エルム街の悪夢』。
ヘザー・ランゲンカンプは今作でヒロインのナンシー・トンプソンを演じています。

今作以降、『エルム街の悪夢』シリーズとの結びつきは深く、『エルム街の悪夢3 惨劇の館』、『エルム街の悪夢 ザ・リアルナイトメア』にも出演しています。

マリリン・バーンズ

絶叫映画はコレ!『悪魔のいけにえ』

トビー・フーパー監督の傑作ホラー映画『悪魔のいけにえ』。

今作の 絶叫クイーンといえばマリリン・バーンズでしょう。

絶叫が『恐怖』や『驚き』に起因する作品がほとんどですが、今作のラストでマリリン・バーンズが見せる叫びはレザーフェイスから逃れられた安堵と、極度の恐怖や緊張から解放された感情の爆発がもたらす、まさに狂気の演技を見せています。


シェリー・デュヴァル

絶叫映画はコレ!『シャイニング』

「シャイニング」はスタンリー・キューブリック監督、ジャック・ニコルソン主演のホラー映画です。原作はスティーブン・キング。
スタンリー・キューブリックらしい徹底的にこだわりぬいた映像の狂気が観客を恐怖に引きずり込みます。

今作ではジャックの妻役を演じたシェリー・デュヴァルのヒステリックな演技も全体の雰囲気、恐怖を高めるのに大いに貢献をしています。

彼女の恐怖におびえる演技はとても演技と思えないリアリティで、一説にはジャック・ニコルソンのジャック・トランスの演技より恐ろしいと言わしめるほど。

その恐怖からの絶叫はまさに「絶叫クイーン」の名にふさわしいです。