奇跡の実話「グレイテスト・ショーマン」あらすじなど

他のページに行く前にシェアしていきませんか

スポンサーリンク

「グレイテスト・ショーマン」

グレイテスト・ショーマンは2017年のミュージカル映画(日本公開は2018年2月16日から!)。主演はヒュー・ジャックマン。監督はマイケル・グレイシー。
マイケル・グレイシーは今作が初監督ということ。
あくまで個人的な感覚ですが、初監督作品って失敗とまでは言わなくとも、そこまで面白くなかったり、厳しい批評となるパターンが多いイメージですが、今作は「ゴールデングローブ賞 映画部門 作品賞(ミュージカル・コメディ)」にノミネートされるなど、評判もよさそう!ああ観たい!
追記:観てきました。
【映画レビュー】ザ・グレイテスト・ショーマン(ネタバレあり)

「グレイテスト・ショーマン」のスタッフ・キャスト

監督
マイケル・グレイシー

脚本
ビル・コンドン
ジェニー・ビックス

原案
ジェニー・ビックス

製作
ピーター・チャーニン
ジェンノ・トッピング
ローレンス・マーク

製作総指揮
ジェームズ・マンゴールド
トニア・デイビス
ドナルド・J・リー・ジュニア

出演者
ヒュー・ジャックマン
ザック・エフロン
ミシェル・ウィリアムズ
レベッカ・ファーガソン
ゼンデイヤ

音楽
ジャスティン・ポール
ベンジ・パセック
ジョン・デブニー
ジョセフ・トラパニーズ

「グレイテスト・ショーマン」の内容

20世紀フォックス映画さん(@foxjpmovie)がシェアした投稿

グレイテスト・ショーマンは19世紀に活躍した興行師、P・T・バーナムの成功を描いた作品です。

「グレイテスト・ショーマン」のあらすじ

フィニアス・テイラー・バーナムは決して裕福ではない家庭に生まれ育ったが、幼なじみの名家の令嬢チャリティと結婚し、二人の娘も授かることができた。
しかしバーナムの人生は彼が望むようにはうまくいかない。
「君に約束した人生はこんなんじゃない。」彼女たちを幸せにすることを願うバーナムは努力と朝鮮の果てに様々な個性をもちながらも日の当たらない人生を歩んでいた人々を集めた誰も観たことが無い華やかなショーを思いつく。
やがてそのショーは大評判となり、ヨーロッパ巡業を行ない、ヴィクトリア女王にも謁見することができた。
そこで出会った奇跡の声美貌を持つスウェーデンのオペラ歌手ジェニー・リンドを連れてアメリカに戻り、そのショーは全米中を魅了し、バーナムは名士の仲間入りを果たす。だが、彼の行く手には、すべてを失いかねない、大きな波乱が待ち受けていたー。

フィニアス・テイラー・バーナム(P・T・バーナム)とは

P・T・バーナムはアメリカで著名なリングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリー・サーカスを設立した興行師です。

商店主としてキャリアをスタートさせたP・T・バーナムは週間新聞『ザ・ヘラルド・オブ・フリーダム』を創刊します。しかし、この新聞での数件の名誉毀損訴訟及び一件の訴追を受けた結果、収監を食らうなどの辛酸をなめるはめに。再起を誓い、ニューヨークへ移住し。興行の世界に入り込んでいきます。
彼の興行師としての最初のヒットは黒人奴隷の女性を使ったショーでした。
やがて彼は誰も観たことのないショーを思いつき、やがてそのショーは世間の大評判を呼び、彼は世界で最も有名なサーカスの一つ、リングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリー・サーカスを設立するなど、伝説の興業師となりました。
フィニアス・テイラー・バーナムの人生は今回の「グレイテスト・ショーマン」以外にも「地上最大のショー」という作品で映画化されています。

ちなみに映画と現実のバーナムの違いを以下にまとめてみました。

【実際のバーナム】「グレイテスト・ショーマン」のヒミツ3選

「グレイテスト・ショーマン」の予告編

予告編を見てもらえるとわかるかと思うんですが、なんだかとても夢のあるいい映画の雰囲気がプンプンします!(笑)
音楽も素晴らしいですよね!「ラ・ラ・ランド」で歌曲賞を受賞したベンジ・パセック&ジャスティン・ポールのコンビが今作の音楽も担当しています。
実話とはいえ、その人生の美しい部分にフォーカスを当てたであろうとは思うんですが、それでも『美しいもの』をスクリーンいっぱいに映し出していてほしい。
それは僕が映画という芸術に最も求めているもののひとつでもあります。

たまには心の洗濯しなきゃね!(笑)

「グレイテスト・ショーマン」関連商品はこちら