「セブンティーン・アゲイン」の名言・名セリフ特集

スポンサーリンク

「セブンティーン・アゲイン」とは

『セブンティーン・アゲイン』は2009年に公開されたコメディ映画。

主演はザック・エフロン。監督はバー・スティアーズが務めています。

あらすじ

17歳のマイク・オドネルは奨学生での大学進学がかかったバスケの試合の直前、恋人のスカーレットから妊娠を告げられる。

バスケでの大学進学より、恋人と子供を選んだマイクだったが、20年後、マイクはさえないサラリーマンとなり、妻となったスカーレットとは別居、子供たちとはギクシャクした関係になっていた。

マイクは心のどこかで20年前の選択を後悔しながらも、妻との別離をさみしく思っていた。

そんな時、母校を訪れたマイクは母校の見知らぬ用務員に話しかけられる。その夜、マイクは用務員が橋の欄干から飛び込もうとするのを目撃する。

老人の後を追いかけたマイクが見たのは、渦の中に映る10代のころの自分の姿だった。

その様子を見入っていたマイクは誤って渦の中に落ちてしまう。

目覚めたマイクは自分が17歳のころに戻っていることに気づくのだった。

マイクは高校生になってもう一度人生をやりなおそうとするが・・・。

「セブンティーン・アゲイン」の名言・名セリフ

「セブンティーン・アゲイン」の名言・名セリフをご紹介します!

「人生最高の選択を忘れていた」

「僕が君を愛しているなら、君を手放すべきなんだろう」

「君が手に入らないなら死んでも良いと思った」

若いときは〝もうおしまい”と思いがちだけど違うんだ。始まりなんだよ。
また泣くことがあってもいつか出会える。君にふさわしい男と。

スポンサーリンク
スポンサーリンク