【まとめ】明日から活かしたい!映画の名言まとめ

「ライオン・キング」

『過去に傷つくこともある。しかし過去が前に進む原動力になり、過去から学ぶこともできる!』

呪術師のヒヒ、ラヒィキの言葉です。

プンバらとの生活を享受し、過去に向き合うことを迷っていたシンバの背中を押した台詞。

決して登場数は多くないキャラですが、ここぞというときにはきちんと道を指し示してあげる、そんな存在ですね。

「ロッキー・ザ・ファイナル」

『世の中はいつもバラ色じゃない。それなりに厳しく辛い事も待っている。気を抜いていたらどん底まで落ち込んで二度と這い上がれなくなる。それが人生だ。人生はどんなパンチよりも重くお前を打ちのめす。だが、どんなにきついパンチだろうと、どれだけこっぴどくぶちのめされようと休まず前に進み続けろ。ひたすら苦痛に耐え前に進むんだ。』

ロッキーが息子のロバートに言った言葉。頂点とどん底を味わった男だけに説得力があります。パンチ同様、ロッキーのこの言葉もとても重いですが、前に進む勇気も与えてくれる、そんな名台詞です。

「フォレスト・ガンプ」

『人生はチョコレートの箱、開けてみるまで中身は分からない』

超有名な台詞ですね。「開けてみるでわからない」だけだと、人生が本当に予測不可能なものに思えますが、「人生はチョコレートの箱」と言うことで、どこか人生が希望のある、いいものだ、という感覚になれます。

チョコレートなのです。

「フィフティ・フィフティ」

『「オマエは死なない。フィフティ・フィフティだ。 カジノならバカ勝ちだぞ」』

「ランボー」

『俺が、そして、ここへ来て、全てを国に捧げた奴等が望んだのは、俺たちが国を愛したように、国も俺たちを愛してほしい、それが俺たちの望む事だ』

ベトナム戦争の反戦運動の裏の兵士たちの言葉を代弁した台詞ですね。

戦争反対だとか平和を唱えるのは本当はすごく楽で、そのうらで命を懸けて戦ってる人がいる、その人たちのことを忘れたり、ないがしろにしてはならない、という名台詞です。

「ザ・ロック」でもエド・ハリスが同じような想いでいましたね。

「ショーシャンクの空に」

『希望はいいものだよ。たぶん最高のものだ。そして、いいものは決して滅びない。』

「ホリディ」

アーサー『映画には主演女優とその一番の友が出演する。君は主演女優であるはずなのに、なぜか親友を演じている。』
アイリス『そうね。自分の人生なんだから、主演女優のはずね。』

人生の主役、それはいつだって他ならぬ自分自身なのだと改めて気づかされます。
すこし、肩の力を抜いて、心のままに生きてみてもいいんじゃない?
そんな気持ちにさせてくれます。

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」

『遅すぎることは何もない。

望みはきっと叶う。

いつ始めてもいいんだ。
変わるのも、変わらないのも自由だ。

最高でも最悪でも
もちろん最高のほうがいいが

驚きを目にし
感じたことのないことを感じて

さまざまな価値観に触れてほしい
誇りをもって生きろ。

道を見失ったら
自分の力で

やり直せばいい。』

ベンジャミンが娘のキャロラインに贈った言葉。
老人の姿で生まれ、成長するにしたがって若返っていくベンジャミン。そんな、他の人とは圧倒的に違う人生を歩むベンジャミンだからこその生きるためのアドバイス。

スポンサーリンク

無料で映画を観よう!

いいねやツイートお願いします!