【映画 レビュー】シークレット・ウインドウ

他のページに行く前にシェアしていきませんか


シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディション [DVD]

「シークレット・ウインドウ」はスティーブン・キングの小説「秘密の窓」を原作に、監督と脚本をデヴィッド・コープ、主演をジョニー・デップで映画化した作品です。

スポンサーリンク

「シークレット・ウインドウ」のスタッフ・キャスト

監督
デヴィッド・コープ

脚本
デヴィッド・コープ

製作
ギャヴィン・ポローン

音楽
フィリップ・グラス
ジェフ・ザネリ

撮影
フレッド・マーフィ

編集

ジル・サヴィッテ

製作総指揮
エズラ・スワードロウ

出演者

ジョニー・デップ
ジョン・タトゥーロ
マリア・ベロ
ティモシー・ハットン
チャールズ・S・ダットン

「シークレット・ウインドウ」のあらすじ

感想・レビュー

奇抜な役が多い印象のジョニー・デップですが、今作では私服のような、普段に近いジョニー・デップを見ることができます。

(実際に劇中でかけているメガネは私物だそう。)

監督は脚本家のデヴィッド・コープ。

脚本家としては、ジュラシック・パークや、ミッション・インポッシブル、メン・イン・ブラック2などを手懸けた実績があります。

最近では『ザ・マミー~呪われた砂漠の王女~』とか。

それなのに、監督作は酷評されることが多いみたいです。

さて、今作はスティーブン・キングの短編小説『秘密の窓 』を映画化したわけですが、やはり個人的にも映画としての面白味はあまりないかなぁって感じで評価は高くないんです。

この映画に関しても、ジョニー・デップを狂気へ追い詰めていくジョン・タトゥーロの演技は素晴らしいんですが、オチを知ってしまうと、『犯人結局キミなの?!』と思ってしまいますし、その分ジョン・タトゥーロの存在意義がかなり弱くなる気がするんですよね。

ジョン・タトゥーロが演じたキャラクターはすごくミステリアスで、聡明であたかもすべてを見通すかのような言動でジョニー・デップを翻弄しますが、それだけの強烈なキャラクターのバックボーンを映画の中で説得力をもって伝えられたか?と考えると、ちょっと厳しいかなと。。

素に近いファッションとイケメンのジョニー・デップを堪能する、そんな映画ではないかな~と思います。個人的にはね。