【感想レビュー】キャスト・アウェイ

他のページに行く前にシェアしていきませんか

キャスト・アウェイ [Blu-ray]

トム・ハンクスとロバート・ゼメキスがコンビを組んだサバイバルもの。

このコンビは「フォレスト・ガンプ」以来ですね。

22キロもの減量を行ったトム・ハンクスの役作りの素晴らしさと希望を捨てないことの大切さを学べます。

スポンサーリンク

「キャスト・アウェイ」のスタッフ・キャスト

監督
ロバート・ゼメキス

脚本
ウィリアム・ブロイルズ・ジュニア

製作
スティーヴ・スターキー
トム・ハンクス
ロバート・ゼメキス
ジャック・ラプケ

製作総指揮

ジョーン・ブラッドショウ

出演者

トム・ハンクス
ヘレン・ハント

「キャスト・アウェイ」のあらすじ

FedEx社で忙しく働くチャックは恋人ケリーとの結婚を間近に控え、公私ともに充実した日々を過ごしていました。

しかし、仕事上のトラブル解決のためにマレーシアに向かう中、乗っていた貨物機が墜落。幾ばくかの荷物とともに近くの島に流れ着きます。

最初はすぐに救助が来ると思っていたチャックですが、島の周囲は荒波に囲まれており、状況から判断すると脱出、そして救助がたどり着くのは難しいらしいことが判明。

それまで大切に持っていた荷物を開封し、生活に役立てていきます。

しかし孤独だけはどうにもならない。ある時やけになって放り投げたバレーボール(荷物のひとつに入っていた)に付着した自身の血が人の顔のように見えたチャックはバレーボールに人の顔を書き、ウィルソンと名付け(バレーボールのブランドがウィルソンだったため)、精神の安定を保っていました。

そして無人島で過ごすこと四年。

壁に日付を刻むことで時間の感覚は失わずにいました。

いつものように魚をとらえていると、とある漂流物があるのに気づきます。

それをきっかけにチャックは脱出計画を実行に移す決心をします。