キングギドラの姿も!「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」最新予告編登場

世界中でヒットしたギャレス・エドワーズ監督の『GODZILLA ゴジラ』。

その続編の「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」。

先日40秒余りのフッテージが公開されましたが、今回「コミコン・インターナショナル・サンディエゴ」で予告編が公開されました。

映像にはゴジラの姿に加え、キングギドラ・モスラ・ラドンの姿も垣間見れます。

スポンサーリンク

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」最新予告編

予告編では女性科学者エマ・ラッセル博士の「地球を蝕む人類を滅ぼすため、怪獣が出現している」というセリフが入り、怪獣によって人類が絶滅の危機に立たされていることが示されています。

予告編では氷の中に閉じ込められたように見えるキングギドラのシルエット、姿を現すなり天に向かって放射火炎を吐くゴジラ、空一杯に羽を広げるモスラの姿、火口で翼をひろげ、その飛行の衝撃波で街を破壊してゆくラドン、そして怪獣たちに破壊されつくした都市の様子が伺えます。

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」あらすじ

物語の中心となるのは、前作でも活躍したモナーク(MONARCH)と呼ばれる特務研究機関。その女性科学者エマ・ラッセル博士と、その娘のマディソン。

エマ博士は怪獣とコミュニケーションを取る方法をつかんでいて、彼らを操れる可能性がある役どころ。

そのエマとマディソンの親子は、怪獣について陰謀を有する組織によって誘拐される。
エマの元夫でマディソンの父親であるマーク・ラッセルは、前作にも登場したモナークの科学者、芹沢猪四郎博士と、その助手のヴィヴィアン・グレアム博士とともにエマとマディソンの救出に向かう。



レジェンダリー版「ゴジラ」の2作目『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は2019年5月31日全米公開予定です!!

一作目『GODZILLA ゴジラ』今から復習しておこう!

本当に面白くてカッコいい映画です!おすすめ!

この記事を見た人におすすめ!