ホアキン・フェニックス主演「JOKER」の名言・名セリフ特集

スポンサーリンク

「JOKER」とは

『JOKER』とは2019年に公開されたホアキン・フェニックス主演のスーパーヒーロー映画。バットマンの敵であるジョーカーがどのようにして誕生したのかが明かされます。第76回ヴェネツィア国際映画祭でスーパーヒーロー映画として初めて金獅子賞を受賞しました。

あらすじ

アーサー・フレックはコメディアンを目指す中年男性。
病気の母を抱え、孤独で貧しい日々を送っている。

彼は脳の損傷により、発作的に笑い出すという病気を抱えながらピエロの扮装をしてあらゆる場所に派遣される仕事をしていた。
しかし、ある時とある店のセールの看板を持って仕事をしていたときに街の不良達に襲われ、看板は壊され、自身も酷い暴行を受ける。

アーサーは同僚から護身の一つとして銃を渡されるが、小児病棟で 子供達の慰問の仕事をしていたときに携帯していた拳銃を落としてしまい、雇用主から「なぜ小児病棟に拳銃を持ち込んだのか」と詰問され、雇用先をクビになってしまう。

失意のあまりピエロメイクのままで電車に乗るアーサー。すると向かいの若い三人組の男が女性に絡んでいるのが目に入る。

苛立ちながらも傍観を決め込むアーサーだったが、そんなときに笑いの発作が出てしまう。
それをきっかけに男達のからかいの対象はアーサーに切り替わる。
やがてからかいは暴行へと変わり、耐えきれなくなったアーサーは一人を射殺。そして続けて残りの二人も射殺する。

この事件を機に、アーサーの中の狂気が徐々に芽生えてゆく。


「JOKER」の名言・名セリフ

 「この人生以上に硬貨な死を望む」

アーサー・フレックのノートにかいてある言葉。

彼の人生に対する深い絶望がうかがえる言葉です。

また、硬貨という言葉がジョークなのか、そうでないのか、映画を観ている私達に不穏な予感を与えます。

「母はいつも言うんだ
あなたの幸せな笑顔がみんなを楽しませると」

アーサーがコメディアンを目指すきっかけとなった言葉です。
アーサーは貧しく困難な日常の中でもコメディアンになろうと必死でもがいているのですが・・・。

「ずっとハッピーなのは難しい」

自身の出自や、度重なる不幸を経験し、アーサーはこう本音を吐露します。

「何が幸せだ 幸せなど一度もなかった」

このセリフがアーサーの人生がいかに困難と不幸に満ちていたかを示唆しています。
とともに、アーサー自身もすでにアーサーとしての人生に絶望し、見切りをつけていることが表されています。

「だが今わかった、僕の人生は喜劇だ」

アーサーがジョーカーとしての自己に芽生えた瞬間のセリフ。

「善悪を主観で決めている」

マレー・フランクリン・ショーに招かれたアーサーはトーク中に自身が地下鉄での射殺事件の犯人だと暴露します。
そのモラル・倫理観を司会者のコメディアン、マレー・フランクリンに咎められた時のセリフです。

「僕が舗道で死んでいても踏みつけるだろう?」





この記事を見た人におすすめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク