スポンサーリンク

【ダークナイト】ジョーカーの名言・名セリフ

スポンサーリンク

「ダークナイト」とは

「ダークナイト」は2008年のアメリカ映画。監督はクリストファー・ノーラン。

「バットマン・ビギンズ」に続く「ダークナイト・トリロジー」の第2作目に当たります。

主演はクリスチャン・ベール。今作でジョーカーを演じたのはヒース・レジャーですが、公開前に死去したことと、その演技力も相まって今作のジョーカーを伝説的な存在にしています。

なお、ヒース・レジャーは今作の演技により、死後、アカデミー助演男優賞を受賞しました。

ジョーカーの名言・名セリフ

マジックを見せるってのは?今からこの鉛筆を消そう。ジャジャーン!ほら、なくなった

なぜ深刻な顔をしている?

英語だとwhy so serious?となります。

相手に顔の傷の話を聞かせる前に言う言葉。ジョーカー(道化師)の名前にふさわしいセリフです。

今の俺は笑いっぱなしだ

パーティー会場に現れたジョーカーがレイチェルに向かって言った言葉。

ジョーカーは社会に混沌と恐怖をもたらすことを愉しみにしています。

俺は混乱の使者

今作のジョーカーは社会に混沌と恐怖をもたらすことで、人の本質をあぶり出そうと画策します。

ジョーカーは人の本質は悪であると考え、正義の検事、ハーヴィ・デントを悪の道へ引きずり下ろします。

上記のセリフはそのときにハーヴィに語った言葉です。

何が混乱を起こす?恐怖だ

狂気とは知ってのとおり-重力と同じだ。人は一押しで落ちていく

クライマックスのバットマンとの戦いにおいて、バットマンはゴッサムシティの住民は善の心を持つとジョーカーの考えを否定しますが、その裏でジョーカーはハーヴィをトゥーフェイスに変貌させ、狂気へと至らせました。

その時に語ったセリフです。人間の脆さが伺える言葉ではないでしょうか?

お前ってやつはどうしても俺を殺せないらしいな

俺もお前は殺せない、せっかくの「オモチャ」だからな

ジョーカーが次作『ダークナイト・ライジング』の悪役、ベインが他の数多の映画の悪役同様に武器であったり、権力を狙うものに対して、ジョーカーはバットマンを「オモチャ」呼ばわりすることからもわかるように、もっとスケールの大きな、魅力的な悪役であることがわかるかと思います。



他にも映画の名言・名セリフまとめています!

■ジャンル別名言集はこちら

狂気と哀しさが滲む・・・戦争映画の名セリフまとめ
まさに迷言!?忘れられない映画のセリフ
夢を諦められない人たちへ映画の名言まとめ
恋愛に効く!映画の名言まとめ
明日から活かしたい!映画の名言まとめ

■映画の名言100はこちら

映画の名言100選!心に響くあの映画の名セリフ100連発!

この記事を見た人におススメ!