スポンサーリンク

映画界のステマ事件!デビッド・マニング って誰⁇

今回紹介するのは架空の映画評論家デビット・マニングのお話。

同じように以前紹介したアラン・スミシーは架空の映画監督でした。しかし、アラン・スミシーとちがって、デビット・マニングは決して犯してはならない「事件」でもあったのです。

スポンサーリンク

デビット・マニングとは?

デヴィッド・マニングとは、ソニー・ピクチャーズが捏造した架空の映画評論家。

コネティカット州の地方紙「リッジフィールドプレス」の映画記者という体で『バーティカル・リミット』や『インビジブル』などのソニー・ピクチャーズ配給作品を絶賛する評論を寄せ、遂にはなんと合成音声によってラジオにまで出演。

しかし、Newsweek誌の調査により、その存在が捏造されたものであることが発覚、実際はコロンビア・ピクチャーズの宣伝担当者によるものと分かりました。

ソニー・ピクチャーズはこの事実を認め謝罪、経営幹部2人は一時的な停職処分になる事態にまで発展しました。