【レビュー】「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」なにこれ可愛すぎ!

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」は2018年に公開されたコメディ作品です。

もともとはヤフー知恵袋に投稿されたひとつの質問でした。

それが一本の映画にまでなってしまうとは、凄いのひとこと。

主演は安田顕と榮倉奈々。

めちゃくちゃ面白い!とか、名作!といった映画ではないのですが、のんびりと観ていられる良作だと思います。

スポンサーリンク

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」のスタッフ・キャスト

監督
李闘士男

脚本
坪田文

原作
作: K.Kajunsky / 漫画:ichida
「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」

主題歌
チャットモンチー「I Laugh You」

出演者
榮倉奈々
安田顕
大谷亮平
野々すみ花
浅野和之
品川徹
螢雪次朗

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」のあらすじ

安田顕演じる夫の加賀美じゅん、バツイチで今の妻は三年前に結婚したちえ。

じゅんは以前の妻との結婚の失敗により、三年目に改めて婚姻関係を継続するか、互いに確認するというルールを設けていた。

そして、その三年目のある日、じゅんが家に帰ると、妻のちえが口から血を流して倒れていた。

ちえはその後も手を変え品を変え、ありとあらゆる死んだふりをするが、じゅんは家に帰ると妻が必ず死んだふりをする真意がわからずにやきもきする。

妻が必ず死んだふりをする、その理由はなんなのか?

感想・レビュー

中々良くできた作品ですね。

こんな奥さん、僕はすごく素敵でかわいいなぁと思います。(無駄遣いはNG)

もちろんずっと続けば夫の方は疲れてしまうかもしれませんが、それでも僕は安田顕より長く妻の死んだふりに付き合える自信はあります笑。

さて、冒頭に述べたように元はYahoo!知恵袋のひとつの投稿から生まれた本作。

単純に妻の死んだふりの真意を訊ねる質問が『結婚とは何か?』を問う物語にまで発展しています。

もちろんコメディなのでサクッと観れるのも嬉しいですね。久々に純粋に映画を楽しめた感じがします。

もともと気になっていた作品だったしね。

さて、この作品にはいくつかの夫婦が出てきます。すでにどちらかが亡くなっていたり、あるいは改めて自分達のあり方を見直してみたり、またパートナーの別の一面を発見したり。

ワニのくだりはこの映画の中でも好きなシーンのひとつ。

ある時、じゅんが家に帰るとちえはワニに食べられて死んだふりをしていました。

じゅんの後輩の佐野夫妻が家にやってきたとき、後輩の妻の由美子はちえのワニに大興奮。後輩の佐野はそのときに初めて妻がワニ好きだということを知るのです。

急にイキイキとし出す奥さんの様子がなんとも可愛らしくていいんですよね。

いつものほほんとしているちえとは対称的に、しっかり者で真面目そうな由美子の素顔。

しかし、夫の佐野はそんな妻の姿に戸惑います。

さまざまな夫婦のあり方やすれ違いを通して、夫婦とはなにか、結婚とはなにか、この作品はコメディの裏でそう問いかけています。

結局はっきりとは明かされなかった『妻が死んだふりをする理由』もそこへ繋がってくるのだと思います。

本編中でははっきりと明かされなかった死んだふりの理由、個人的な推測ですが、夫婦生活が三年を迎え、だんだん一緒にいることが当たり前になって、お互いに馴れ合いが続くようになるころ、あえて『死んだふり』をすることで、あらためてパートナーの大事さに気づかせようとしたのではないでしょうか?

それはちえが幼い頃、母を亡くした経験にも影響されていると思います。

結婚生活を続けるかどうかの決断をお互いが決める3年目。だからこその『死んだふり』だったのでしょう。

名作とか、傑作という類いの作品ではないと冒頭に書きましたが、しかしこの映画、僕は大好きで何回も観返してはほのぼの癒されています。

おすすめの一本です。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。の商品購入はこちら