【解説 レビュー】「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」赤狩りとは何か

「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」は2015年に公開された実話を元にした映画です。

監督は「ミート・ザ・ペアレンツ」シリーズのジェイ・ローチ、主演はブライアン・クランストンが務めています。

ハリウッド黄金期に活躍し、戦後赤狩りに巻き込まれた脚本家ダルトン・トランボの名誉回復までの戦いを描いています。

スポンサーリンク

「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のスタッフ・キャスト

監督
ジェイ・ローチ

脚本
ジョン・マクナマラ

原作
ブルース・クック
『Dalton Trumbo』

製作
マイケル・ロンドン
ジャニス・ウィリアムズ
シヴァニ・ラワット
モニカ・レヴィンソン
ニミット・マンカド
ジョン・マクナマラ
ケヴィン・ケリー・ブラウン

製作総指揮
ケリー・マレン

出演者
ブライアン・クランストン
ダイアン・レイン
ヘレン・ミレン
ルイ・C・K
エル・ファニング
ジョン・グッドマン
マイケル・スタールバーグ

「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のあらすじ

 第二次世界大戦が終結し、米ソ冷戦体制が始まるとともに、アメリカでは赤狩りが猛威をふるう。共産主義的思想は徹底的に排除され、その糾弾の矛先はハリウッドにも向けられる。売れっ子脚本家だったダルトン・トランボは、公聴会での証言を拒んだために議会侮辱罪で収監され、最愛の家族とも離ればなれとなってしまう。1年後、ようやく出所したトランボだったが、ハリウッドのブラックリストに載った彼に仕事の依頼が来ることはなかった。そんな中、家族を養っていくためにB級映画専門のキングス・ブラザース社から格安の仕事を請け負い、偽名で脚本を書きまくるトランボだったが…。

出典:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=355329
映画 トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 – allcinema

感想・レビュー

「ローマの休日」や「スパルタカス」の脚本を手掛けた脚本家ダルトン・トランボについての映画です。

もちろん映画だけ見ていても素晴らしい作品なのですが、映画の背景まで知ろうとすると、これほど歴史的な教養を求められる作品もそうないのでは、と思ってしまいます。

共産主義者はなぜ危険視されたのか?

アメリカとソビエト連邦が世界のリーダーの座を巡って争った冷戦。

それは言い換えれば資本主義と共産主義のどちらが世界の覇権を握るかという戦いとも言えるでしょう。

第二次世界大戦当時の共産主義の行き着く先は国家の否定と革命でした。

アメリカが共産主義の脅威に気づいたのは朝鮮戦争の時。

その時にダグラス・マッカーサーは「過去100年に米国が太平洋地域で犯した最大の政治的過ちは共産勢力を中国で増大させたことだ。次の100年で代償を払わなければならないだろう」(引用: 産経ニュースと述べています。

「日本を戦争に駆り立てた動機は、大部分が安全保障上の必要に迫られてのことだった」

マッカーサーは後にこうも述べています。アメリカの共産主義に対する脅威の認識は日本よりもずっと遅れていました。

時を同じくして、アメリカではジョセフ・マッカーシーの主導のもと、共産主義者をあぶり出す『赤狩り』が始まるのでした。

ハリウッドの『赤狩り』

ハリウッドでの『赤狩り』を推進したのはジョン・ウェインを中心とする「アメリカの理想を守る映画連盟」。ちなみにこの同盟のパンフレットを書いたのは急進的な自由放任資本主義者としても知られる小説家のアイン・ランド。

今作で取り上げられているダストン・トランボをはじめとする「ハリウッド・テン」、喜劇王として有名なチャールズ・チャップリンらがハリウッドから追放されました。

『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』で描かれているのは正にこの頃のトランボ。

今作のスタッフは実は当時の「赤狩り」の被害に遭った人たちと深くかかわっています。

監督のジェイ・ローチは「ハリウッド・テン」の一人、エドワード・ドミトリクに南カリフォルニア大学で師事しています

また今作の脚本を務めたジョン・マクナマラは「ローマの休日」でトランボに名義貸しをしたイアン・マクレラン・ハンターにニューヨーク大学で師事しています。ハンターも、トランボに共感を示していましたが、彼自身ものちにブラックリストに名前が加えられることになります。

ダストン・トランボは実刑判決を受け、刑に服したのち1951年からは家族と共にメキシコに移住しています。



『赤狩り』が遺した傷と「赦し」

この『赤狩り』は1954年に終焉を迎えましたが、今に至るまで大きなしこりをアメリカに残しています。

例えば映画監督のエリア・カザン。

『欲望という名の列車』や『エデンの東 』、『波止場』などで知られる映画監督ですが、元共産党員ということから赤狩りの時期に下院非米活動委員会に嫌疑をかけられました。カザンは司法取引で共産主義の疑いのある者の11人のリストを渡し、以後「密告者」とのレッテルがカザンに重くのしかかりました。

これはカザンが映画監督であったこともあるのでしょう。

ジェイ・ローチが師事したエドワード・ドミトリクも赤狩りによって追放されたのち、仲間の名を告発し、映画監督として復帰することに成功します。

「監督は毎日現場に来ねば撮影は進まない、映画監督は偽名でやるわけにはいかず、ただ職を失うだけ」

ジェイ・ローチは脚本家と映画監督の違いについてこう答えています。事実、公聴会で信念を貫き通した映画監督はエイブラハム・ポロンスキー、ハーバート・ビーバーマンのみと言われています。

「あの暗黒の時代をふりかえる時、英雄や悪者を探しても何の意味もありません。
いないのですから。いたのは被害者だけ。
なぜなら誰もが追い込まれ意に反したことを言わされ、やらされたからです。
ただ傷つけあっただけ、お互い望んでもいないのに。」

『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』のクライマックス、1970年、全米脚本家組合功労賞の授与式でのスピーチでトランボはこう語ります。

そしてこれこそがジェイ・ローチの言いたかったことではないでしょうか。

同じようにカザンの弟子でもある、マーティン・スコセッシもカザンの死ぬ前にカザンの名誉回復を図ります。

1998年、アカデミー賞「名誉賞」がスコセッシとロバート・デ・ニーロをプレゼンターとしてエリア・カザンに授与されましたが、エド・ハリス、イアン・マッケランは腕組みをして座ったまま拍手すら拒みました。スティーヴン・スピルバーグ、ジム・キャリーらは拍手はしましたが、立ち上がるのは拒否しています。

出席者全員のスタンディング・オベーションが慣例の中、これはかなり異常なことでした。



藤えりか著『なぜメリル・ストリープはトランプに噛みつきオリバー・ストーンは期待するのか ハリウッドからアメリカが見える』の中で、赤狩りの被害に遭った映画音楽奏者の父を持つ指揮者、レナード・スラットキンは当時の赤狩りについてこう述べています。

「ハリウッドに共産主義者がいたとしてそれが何だっていうんだ?いい映画、いい映画音楽を作るだけで誰も傷つけたりなんかしていない。
当時の米国社会は怯えていた。いま世界中で起きていることと同じだ。」

そう、『トランボ』のメッセージは今の世界にも共通する声なのです。


この記事を見た人におすすめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク