【レビュー】バグダッド・カフェ


バグダッド・カフェ ニュー・ディレクターズ・カット版 Blu-ray

スポンサーリンク

バグダッド・カフェのスタッフ・キャスト

監督
パーシー・アドロン
脚本
パーシー・アドロン
エレオノーレ・アドロン
製作
パーシー・アドロン
エレオノーレ・アドロン
音楽
ボブ・テルソン
主題歌
ジェヴェッタ・スティール
製作総指揮
デートリッヒ・フォン・ワツドルフ
出演者
マリアンネ・ゼーゲブレヒト

バグダッド・カフェのあらすじ

ドイツ出身の女性、ジャスミンとその夫が乗った車はラスベガスに向かう途中でエンスト。ジャスミンは夫と喧嘩し、一人で長い道を歩いました。

とあるカフェ、そこにたどり着いたのは夫のムンシュテットナーでした。。

ビールもコーヒーもないそのお店には無愛想な女主人のブレンダ、妻に逃げられ、ピアノを引き続けるサロモ、バーテン・カヘンガがいました。

コーヒーもないさびれたカフェ。

実はコーヒーメーカーはブレンダの夫のサルが持ってくるはずでしたが、

気難しいブレンダはそんないい加減なサルに苛立ち、怒りを爆発させます。

サルはそんなブレンダに愛想をつかし、出ていきました。

悲しみにくれるブレンダの目に写ったのは、やっとの思いでカフェにたどり着いたジャスミンの姿でした。

そのカフェ『バグダッド・カフェ』には様々な人が集います。

ブレンダは女一人でカフェに宿泊するジャスミンを不審に思います。ふと覗いた彼女の部屋には男物の服ばかりで彼女自身の着替えは見当たりませんでした。

保安官にも来て身元を確かめさせますが、特に変わったところはありません。

やがてジャスミンの存在はみんなを癒していくようになります。

感想・レビュー




この記事を見た人におススメ!