【レビュー】「アイ,ロボット」アイザック・アシモフの短編実写化

他のページに行く前にシェアしていきませんか

アイ,ロボットは2004年公開のウィル・スミス主演、アレックス・プロヤス監督のSF映画です。

これ、ネタバレ禁止系の映画なのかなー?

アイザック・アシモフの短編を原典として映画化した作品なのですが、VS機械モノとしてみるとターミネーターのようなロボットの形でオーソドックスな構図ですね。

マトリックスとかは仮想空間でマシンに人間が飼われている、ロボットは出てこずに擬人化されたコンピュータープログラムが出てくる、という意味でVS機械の解釈がより現代的になっています。

スポンサーリンク

アイ,ロボットのあらすじ

物語の舞台は2035年のシカゴ。街にはかつての車と同じように一人1台ロボットを所有するような時代です。そんな中、ある出来事がきっかけに極度の機械嫌いになったデル・スプーナー刑事。

親交のあったロボット開発の博士の死を調査していくうちに、ロボットたちの陰謀に気づいていくというストーリーです。

感想・レビュー

結構見ちゃいますね

アイ,ロボット。手元にある映画ソフトのなかでは結構観る方の映画です。まぁウィル・スミスが好きっていう理由もあるのと、役柄がウィル・スミス本人の陽気さ、気さくさと共通する部分もあって安心してみてられる部類の作品です。
分かりやすいんだけれども、ありきたりでなく、重たくもないストーリーと程よいアクションでサクッと何気なくつけっぱなしにしてたりします。

ブリジット・モイナハンはもっと評価されるべき!

本作のヒロイン、カルヴィン博士を演じたブリジット・モイナハン、もともと2003年公開の『リクルート』での演技がきっかけで本作に起用されたとのことですが、個人的にはもっとブレイクしてよかった女優さんかなぁと思います。

最近ではキアヌ・リーヴスの『ジョン・ウィック』で、キアヌ演じるジョン・ウィックの亡くなった奥さん役を演じています。